満天☆の海-2

2017年6月25日朝のアクセスレポート

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by mantenbosisan | 2017-06-25 08:53 | XXzakki

ドジャーカバー仕様変更の検討

2017年6月14-17日 自作ドジャーのカバーを作りかえようかと思いたった。


b0114415_16290093.jpg



上が現在のドジャー。これに厚地のクロスをかけて形を作ってみた。ずいぶん雰囲気が変わるなー↓
b0114415_16300078.jpg


b0114415_16300770.jpg


こちらはプロがやったよその艇のドジャー↓
b0114415_16301397.jpg


[PR]
# by mantenbosisan | 2017-06-21 16:57 | ハルとデッキの整備(改定版) | Comments(1)

組み立て式簡易筏

下図は昨年島上陸用に考案した筏だ。
テンダーを積んで行かなくても、ヨットに常備している俵フェンダーと少しの木材を使ってデッキで簡単に組み立てられる。
サイドの2本の材は長さ約180㎝の2x4材で作った岸壁係留時のフェンダー防護材。フェンダーの間にある板は航海時に使用するワッチ用のチェアーの足台で、平面の少ないコックピットに敷いてその上にチェアーを置く為のもの。これで1日6時間から10時間の航海でも楽な姿勢でワッチできるし、視界も高くなるのが疲れにくい。
b0114415_21293309.jpg
今年はもっと簡単な筏を作ってみた。
1)大型俵フェンダー2個を直接結び付けただけの筏だ。下の写真で板が載ってない状態のものだが、乗った途端に筏は見事に一回転して海に放り出された。左右にも前後方向にもすってんころりだ。
2)今度は俵フェンダーの上に板(ワッチ用のチェアーの足台)を載せてみた。下の写真。この状態だとどうしても板の上に座りたくなるが、座った途端、見事にひっくり返った。
b0114415_21332666.jpg
3)今度は重心を下げるつもりで板を張った面を下にして直接フェンダーの上に乗ってみた。下の写真でサイドフロートがない状態だ。数秒持ったが、やはり放り出された。
4)やはり昨年の設計図通りサイドフロートが必要なのだ。小型俵を左右に括り付けた。そして下の写真のように板を張った面を下にして直接俵フェンダーの上に座り小型フェンダーに足を乗せた。パーフェクトだ!全く問題ない。左右に安定するだけでなく、前後方向に長いので、前のめりになったり後ろにひっくり返るのを防いでくれる。サイドフロートの効果がこれほどとは!!、予想以上だ。

b0114415_21492996.jpg
b0114415_21491295.jpg
浮いてるかぎり何の問題もない。ヨット一周してみた。たらい舟みたいなものだから進み方は遅いがひっくり返りそうにもならず、ちゃんと思う方向に進んでくれた。
浮力自体は大型俵フェンダー(直径44㎝、長さ60㎝)1個だけで十分あるので2人乗っても浮力は心配ないが、重心が分散するので2人乗りだと安定が悪くなるような気がする。2人用なら昨年考えたような筏の方が無難だろう。


[PR]
# by mantenbosisan | 2017-06-04 22:59 | 航海情報全般 | Comments(0)