満天☆の海-2

カケス-3写真

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by mantenbosisan | 2018-10-08 10:05 | マイフォトギャラリー

エンジンの緊急停止方法

こんな記事があった
BJP_WEB__STAFF_BLOG http://www.bjpo.com/28web_blog/blog12%81Q7%81Q9.html

2012825日 ヤマハ25マイレディの上架とエンジントラブル。

「エンジンが掛からない!」の声。

考えられる要素をすべてチェックしてもらうが、解決しない!???

アイドリングでは掛かるのだが、スロットルをあげるとストールしてしまう。

とおりかかった石垣マリンさんに診断してもらうと「オイルの入過ぎ?」

その症状と云えば「もの凄い白煙」と「オイル混じりの真っ黒な排水」

なんと最後には、エンジンが超高回転し、燃料カッターを引いても止まらず、デコンプでようやく停止することができた。

これは、オイルが燃焼したかめかも?です。

オイルを抜き、再始動すると通常に戻りましたが・・・

オイル注入量にはくれぐれもご注意を!

デコンプレバーでエンジンを停止させるというのを初めて聞いたので調べたらこんな記事を見つけた。
デコンプレバーで停止できるようです。
ディーゼルエンジンの始動と停止 デコンプ
https://blog.goo.ne.jp/goo541705/e/3785f812f9d12cc8a2a3b517cad81548




[PR]
# by mantenbosisan | 2018-09-23 07:00 | 緊急時対策

緊急時エンジン始動方法動画紹介BBS

スターターハンドルの使い方やengine starting fruid(エンジンスタータースプレー)などを紹介している。
スターターハンドルの使い方はヤンマーの1GMマニュアルに載ってるけど実に分かりにくい解説だし、ヤンマーの代理店からはハンドルを飛ばして顎を骨折するからやるなと言われ、また、幸いに今まで使わざるを得ない状況に追い込まれたこともなかったので、あえて試みたこともなかったが、この動画の実演はたいへん参考になります。masutopokiさんありがとう。

[PR]
# by mantenbosisan | 2018-09-15 15:15 | 緊急時対策

アンカー各部の名称

b0114415_10094779.jpg



[PR]
# by mantenbosisan | 2018-08-22 14:49 | 離着岸&アンカリング

オーパイST2000プラグ断線修理

2016年8月航海中に断線して修理したのだが、20185月再び断線した。いずれも、プラグへの接続部分をハンダ付けで接続して修復したのだが、毎回その場しのぎの直し方ではまずいなと思い、改めてマニュアルを読んでみた。


ST1000Plus &ST2000 PlusTiller PilotsOwner’s Handbook 

https://www.boatoon.com/de/shop/details/expose/raymarine-st2000-plus-pinnenpilot-2192/

4.3Cablingand socket installationには、プラグはコードが配線され組み立てられた状態で工場出荷されるとしか書いてなく、下の図しか載ってない。

b0114415_15082905.jpg
この図を見ても、プラグに接続する配列が分からずあっさり頁を閉じてしまっていたのだが、今回は腰を据えて読み進んで、ソケットの図と照合してみたら、プラグのコードの配列が判明した。
b0114415_15295295.jpg

すなわち、プラグには6個の差込口があるが、3番の位置の差込口は不使用の接続口で、ここにはコードは挿しこまない。その右隣から右回りに②、①、⑥、⑤、④とコードを接続していくのだということがわかった。そうすればソケットの配線図と合致する。ソケット図にはコードの色ごとに番号がふられているが、プラグ側の色番号と合致している。

blue(電源 -コード)

brown(電源 +コード )

white(NMEA +コード )

green(NMEA -コード )

yellowSeaTalk dataコード)

注: NMEAGPSや風向風速計等との連動、SeaTalkはリモコン用。


しかし、カケスは2016年、航海時の断線修理時、マニュアルも見ず、順番に接続して行って当たりを待つロシアンルーレット方式で2,1,5,6,4と接続。すなわち、6と5の順番を間違えて接続し、以降そのままだった。下記写真。

whiteNMEA +コード )と⑤greenNMEA -コード)を間違えて接続してなぜ問題なかったのか?だが、カケスはソケットに電源ケーブルしか配線してないからだ。

製品を購入時ソケット側の配線コードは付属しておらず、必要なコードを自分で購入して配線するようになっていたので、カケスは電源ケーブルしか配線しなかったのだ。NMEA配線やSeaTalk配線の必要性を感じなかったので

ソケット側に配線は無いにしても、プラグ側の配線を誤接続しているとわかった以上そのままでは気持ち悪いので、今回ちゃんと正しい順番で接続し直した。


b0114415_16080463.jpg
修正前の写真(①の次に⑤が来ている)


コードのプラグ接続方法

1)ハンダ付けで応急処置

下図のように切れて、キャップから先のスリーブまでは普通はもう使えない状態なのだが、応急的に右図のようにハンダ付けした。プラグの差込口にいれてビス留めする為には線をそのまま入れるよりもスリーブを使いたかったためだ。
b0114415_21595552.jpg

2)配線器具を使った接続

本来は、絶縁キャップから先は捨てて、新しい絶縁スリーブ付棒端子や圧着スリーブを使うべきだ。
b0114415_22134667.jpg

サイズをどうやって選んだらいいか分からないのでメーカーカタログを参照した。
ニチフのカタログ
トラスコ中山のカタログ


[PR]
# by mantenbosisan | 2018-07-03 16:38 | 装備(改定版)