人気ブログランキング |

満天☆の海-2

ウオーターロックは要注意

お隣さんから聞いた話だが。

今年の夏、清水を目指して出港したのだが宇久須の沖辺りで排水が出てないのに気付いた。警報音は鳴らず。
キャビンをのぞいて見たら床板まで水が溢れていた。
原因が分からなかったが、他にも乗員がいたのでとりあえずバケツでビルジを汲み出しながら安良里に戻り、自分のバースに入れてからチェックしたらウオーターロックが壊れているのを発見した。この方のエンジンは2GMか3GMだった。

と、ざっとこういうことだったらしい。
やはり出港前のアイドリング中に排水をしっかり確認すべきなのだ。そして機走中も時々確認することを忘れてはいけない。

排気口から排水は出てなかったといいうのだから、ウオーターロックの亀裂は相当大きかったのだろう。排気口から船外に排出されるはずの排水が船内に排出されていたというわけだ。

沖合でこういうことが起こった場合はあわてずにエンジンを止めることだ。エンジンさえ止めればウオーターロックから冷却水が吐き出されることは無いのだから。

そしてビルジを汲み出してからウオーターロックの穴を応急的に補修材で塞ぎ(そういう材料は常備しておく)、最寄りの港までセーリングして行き、そしてセールで着岸困難なら漁船に支援を依頼する。あるいは短時間排水が船内に漏れ出ることを覚悟でエンジンで着岸、あるいは港内の船に着けた上で支援を要請するかだ。

パニックに陥らない為に大きな字で緊急時マニュアルを書いて船内に架けておいた方が良さそうだ。

尚、この方からはその後エンジン内に海水が入ってエンジンをダメにして中古エンジンを載せ換えたという話も聞いた。

KAKESU-3にはステンレス製のウオーターロックが付いており、おそらくまだ一度も交換してないのではないかと思う。少なくとも15年間は交換してない。

今まで結露で濡れることはあっても水漏れを起こしたことは一度もない。仁科ヤンマーに心配なので溶接部分を補強してくれないかと頼んだことがあるが、穴があいたら持ってこいと、取り合ってもらえなかった。

ビータスの製品に交換しようかと検討したことがあるが、ホースの径が合わず面倒なので棚上げしたままだ。それでやってることは、錆び対策としてCRC-6-66を吹きかけているだけだ。

このウオーターロックで起こりうるトラブルは亀裂が生じて艇外に排出されるべき排水がそのままエンジンルームに排出されて水浸しになることと、逆流防止機能が機能せず、排水(あるいは排気口から打ち込んだ波)がエンジンに逆流することの2点だ。前者はステンレスの溶接箇所の亀裂が原因となり、後者はウオーターロック本来の機能である逆流防止機能が失われたから発生するわけで、原因はいろいろ考えられるようだが被害は深刻だ。エンジンを冷却した排水が同じルートを逆流するなら問題ないが、そうではなく、排気系統を逆にたどってエンジン内に入り込むから問題なのだ。


ヨットオケラのブログ:ウオーターロックの構造と働き
by mantenbosisan | 2010-11-08 20:52 | エンジン(トラブル) | Comments(4)
Commented by 余丁町散人 at 2010-11-08 21:58 x
こんにちは。ウォーターロックでこんな問題もあるのですか。知らなかったです。うちの船にはウォーターロックが付いてません。面倒を見てくれている石井さんは「こんな船は初めてだ、付けるべきだ」というのですが、元々付いてないのには理由があるのだろうと言って放ってあります。シンプル・イズ・ベストのつもりですけど、どうなりますことやら。
Commented by mantenbosisan at 2010-11-09 09:20
これは大波とか横転した時に海水が排気口から入ってエンジンに流れ込むのを防ぐ(water rock)逆流防止装置なので、付いてないならそれに代る何らかの工夫がどこかになされているんでしょうね。それにしても石井さんが専属整備士とはうらやましい。
ステンレスは溶接部分が壊れやすいのでプラスティック製のウオーターロック(たしかあるはず)にいつか交換しようと思ってますが、今のところ乗艇するたびにウオーターロックを触って異常が無いかチェックしてます。
Commented by 安良よっと Voy at 2010-11-12 08:09 x
こんにちは!確かうちのウォーターロックはプラスチック製で3年ほど前に載せ換えました。
特にどうこうは無かったのですが、YBMから出る予定だったので錆びない事が載せ換えの理由でした。
Commented by mantenbosisan at 2010-11-12 12:16
当たり外れもあるのでしょうが、新品のステンレス製に2-3年で穴が開いたという話も聞いてます。やはり溶接部分の無いプラスティックが良いでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。