満天☆の海-2

2012夏 式根島に行ってきた―3.吹の江海からのアプローチ

写真は2012夏 式根島に行ってきた―2にアップロード

吹の江入口 34° 20.202'N139° 12.509E
進行方向向かって左、北側と向かって右、南側に入口が開いているが、左、すなわち長堀側の入り口は泊海水浴場で吹の江は右側の犬の首側だ。
b0114415_22323326.png下の写真正面(北)に見える利島(三角)の手前が地内島(雲がかかっている)だ。地内島を背にして入口左の洗岩を避けながら入る。
写真では入口の右に見えている。

洗岩を過ぎて中にまっすぐ入ると正面にコンクリート製のビットが2個、岩にロープをかけて輪をつくったのが1個、計3個ある。洗岩を左に回り込んだ崖にもビットがある。

この手前左のビットと正面のビットを結ぶ線から右は比較的水深がありそうだ。左は広いがすぐに浅くなる。正面右手にも岩にロープがかかっている。

海底は岩と砂。端に寄り過ぎると海底の岩に乗り揚げる。透明度が高く海底が見えるのでさざ波が立ってない限りどこが深くてどこが危険かおおよそ判別できるが、かなり怖いと思う。

吹の江は夢の泊地として有名だが、なにもわざわざこんな険礁の中に入り込んで錨泊しなくてもいいんじゃないかといいうのがここを見た感想だ。周囲を険悪な岩に取り囲まれた狭い入り江で北から西がまったく無防備なので吹かれたらひとたまりもないだろう。
それでも夢を実現させるのなら、絶対に荒れないと確信できる穏やかな夏の昼間に短時間訪れたら良いと思った。


b0114415_22291695.jpg
↑上の写真は吹の江全体写真:干潮約1時間後
↓下の写真は入って右海面(正面ビットの方から入口を撮る):干潮約1時間後
b0114415_11583858.jpg

↓下の写真は入って左海面(全体写真の岩と照合して見ると位置関係がつかめる):干潮約1時間後でかなり浅くなっている。午後4時ほぼ満潮時にもう一度来てスノーケリングしたがその時は1m位水深が上昇していた。写真には写ってないが右手に小さな砂浜がある。
b0114415_12144761.jpg

[PR]
by mantenbosisan | 2012-09-14 23:51 | 航海情報伊豆七島