満天☆の海-2

エンジンルームでスプレーすると爆発の危険あり

JCIからの書類に一枚の紙が入っていた。
運輸委員会からの通知で小型船舶を所有する皆様へと題して、スプレー式洗浄剤を機関室で使用後爆発する事故が発生しています。狭く閉鎖された空間で使用すると、可燃性ガスが滞留し、着火源が存在すると爆発する危険があります。換気を十分行いましょう。」と、書いてあった。この事故は泊地の近くでも発生しており知っていたので、スプレー式洗浄剤はこわいので使わないようにしていたが、ちょっと過剰反応かな?

通知書にはこんな事例も紹介されていた。2.46トンの漁船で修理業者が機関室の主機をスプレー式洗浄剤2本を使って洗浄後、過給機のネジを緩めようとしてスプレー式潤滑剤を噴霧し、更にネジにガスバーナーの炎を近づけたら爆発。

これは、当たり前だろうというほどのあまりにもひどい事例だが、それでもスプレー式潤滑剤というのが気になった。エンジンルームでしょっちゅう使っているからだ。それで注意書きを調べてみたら案の定、「火気厳禁、引火性があるので火花、静電気が起きやすい場所では使用しないこと。吸引すると害があるので風通しが良いところで使用すること。高圧ガス:LPガス」という記載があった。

いままで何も気にしなかったが、これからはハッチをすべて開放して換気に気を付けよう。電気を取れれば送風機を使えるんだけど、なければうちわを使うか?

さらに、スプレー糊も危険らしいことがわかった。
エンジンルームの防振、防音用のウレタンスポンジを貼り替えようと思って、3Mスプレーのり77、ボンドスプレーのりZ3についてメーカーに問い合わせたら、「シンナー、LPGを使ってる。」、「必ず換気の良い条件で、しかも(スパークを含めた)一切の火気厳禁の条件で使ってほしい。」、「基本的に事故が起きているスプレー式洗浄剤と同等の注意が必要」、という回答だった。
困ったなーと思ったら、コニシからボンドMPX-1というガンで押し出すタイプの接着剤を推薦してくれた。接着に時間がかかるので天井板に使うなら下から何かで一晩支えておくようにとのこと。

ところで、大事なことを忘れてた。ギャレーや冬の暖房器にはガスボンベを使ってるんだけど…灯台もと暗し。







[PR]
by mantenbosisan | 2017-03-15 12:07 | 1GM整備のまとめ