満天☆の海-2

改めて怒り心頭の那智フィッシャリーナ前の潜堤


2010-02-09の那智フィッシャリーナは危険 を参照されたい。

ヨットRが那智フィッシャリーナ前に設置されていた潜堤に乗り揚げた事故の船舶事故調査報告書(http://www.mlit.go.jp/jtsb/ship/rep-acci/2010/MA2010-2-9_2009kb0281.pdf)を今月見つけて追記したのだが、この報告書を読んで再び怒り心頭だ。(注:船舶事故調査報告書というのは国交省の運輸安全委員会がまとめているもので、海難審判所の裁決録とは別の物)

要するに、H18年末に那智フィッシャリーナ前の海底に潜堤が設置された。低潮時水深1m、満潮時水深2.8mであった。当初は潜堤の周囲に目印として6個の灯浮標が設置されていたが台風等半分が流出して無くなってしまった。そして過去2年間に数隻のプレジャーボートが乗り揚げ事故を起こした。しかしフィッシャリーナ管理者は流出した灯浮標を補充することなく放置したままであった。そして今回、平成21年9月5日、ヨットRがふたたび乗り揚げ事故を起こしたというもの。本船は船底に亀裂を生じたほか舵も損傷。
しかるに、事故調査報告書は本事故はヨットR船長がフィッシャリーナの水路状況を把握していなかったために発生したと考えられると結論づけている。
こんな危険な潜堤の設置者、管理者の責任は問われていない。海の安全の管理者である海上保安庁の責任も問われていないが、潜堤の設置、灯浮標の設置を知り得る立場にある海保は、海図や通報等で航行者に周知する安全管理責任があるはずではないか!!
海図にもない潜堤の存在を一体どうやってヨットR船長は把握できたというのか?こんな不条理な審判があるか?

でも悲しいかなこれが海の現実なのだ。不条理もへったくれもない。事故を起こしたら、船長が悪いということになるのだ。
では、こういう現実に対してわれわれ航海者はどう向き合ったらいいのか?

とにかく情報収集だ。航海計画の段階で寄港予定の港の情報は可能な限り集めることだ。この事故の場合もフィッシャリーナに前もって連絡したり、ネットで寄港経験者の情報を収集しておけば潜堤の存在は知りえたのではないかと思う。

注:航海ブログでも航海者にとって参考になるブログとならないブログがあるので注意!
自分が座礁したならどこが危ないかを具体的位置を示して他の航海者に情報提供すべきだと思うのだが、そういうことは書かず、ただ何を食った、誰と会った、どこを観光したとかの楽しげな事しか書いてないワッハッハ・ワッハッハブログを参考にしてはいけない!⇒まさか名前を書くわけにはいかないが、その手のブログは実に多い。どんなことを書いてもそれはその人の勝手だから、読む方が見極めないといけない。

信頼できる情報が得られるブログ⇒ベストはDONのヨット泊地情報と航路情報、DONのヨット暮らし


[PR]
by mantenbosisan | 2017-08-21 23:09 | 航海情報 遠州灘~紀伊半島