人気ブログランキング |

満天☆の海-2

有義波高

気象庁が発表する波の高さとは有義波高のことで、これは、ある地点で連続する波を観測した時、観測した波ののうち波高の高い方から順に全体の3分の1の個数の波を選んで、それらの波高の平均をとったものなので、10-20分に1回は1.5倍の高さの波が、そして2時間から3時間に1回は2倍の高さの波が来るということだ。すなわち、天気予報で波高が1.5mとなってたら、最大波高を3mと想定する必要がある。(宮古島市HP有義波高・うねりについて


しかしこれは沖合の波の事であって、岸寄りや岬のそばそして浅瀬には当てはまらない。波というのは、水深が浅くなるほど波高が高まる性質をもっているからで、沖合よりも陸寄りの方が波が高いということを忘れてはいけない。


駿河湾から遠州灘に出る際、波がある時には御前岩東方の大根バエ近くを通らず、出来るだけ離れて大回りした方が安全だ。また、クルージング中に波が高くてどこかの港に逃げ込む場合は湾内が良い。岬のように突出した地形があると、海底地形の等深線が海に向けて凸レンズのように張り出すため、波が岬に集中するようになり、波の高さが高くなるが、逆に、湾のように湾入した地形があると、海底地形の等深線が凹レンズのように湾入するため、波が発散し、波の高さが低くなるからだ( NHKそなえる防災 第2回  水深によって変化する波の高さとエネルギー http://www.nhk.or.jp/sonae/column/20120625.html )。


上記で1020分に1回は有義波高の1.5倍の高さの波が、そして2時間から3時間に1回は2倍の高さの波が来ると書いたが、これはある一つの地点で観測される波高のことだから、ヨット、ボートのように一ケ所に留まらず広い海域を移動する場合は、いつ1.5倍、2倍の波が来ても不思議ではないということだろう。


尚、波のもつエネルギーは、波の高さの2乗に比例するらしい。例えば4メートル波のエネルギーは、2メートルの波のエネルギーの4倍になるのだそうだ。

資料

宮古島市HP有義波高・うねりについて

http://www.city.miyakojima.lg.jp/kurashi/bousai/bousaijyouhou/bousaimemo/catetemp5_bousai/117.html


by mantenbosisan | 2018-02-02 23:00 | 気象・海象 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。