満天☆の海-2

ファーリングジブの選択(改定2018.04.10)

100%のNo.3をレギュラー(ワーキングジブ)と間違って表現していたので、以下の通り、100%をNo.3ジブ、110%をレギュラー(ワーキングジブ)と訂正して書き直した。

ジブの種類
No.1(150%ジェノア)
No.2(120~130%=ジェノア)
No.3(100%)
レギュラージブ(110% ワーキングジブとも言う)
ストームジブ(荒天用ジブ)

シングルハンド艇のセールの大きさの組み合わせを考えてみた。
00~05m=No.2ジェノア(120~130%)とフルメイン
06~07m=No.3ジブとフルメイン
08~10m=No.3ジブと1Pメイン
10~15m=No.3ジブと2Pメインで避航
15m以上 =出港しない

上記のように、シングルハンドでNo.2が使えるのは白波が出始める風速5-6mくらい迄でそれ以上風が強くなってきたらNo.3だ。と言っても、No.3サイズにファーリングしても、セールシェイプが崩れて極端に上り角度が悪くなるので上りのコースでは使えない。上りのコースでNo.2が使えるのは一日中風が弱いと確信できる夏の日だけだ。
No.1の使える範囲はもっと狭いし、シングルハンドにNo.1は要らない。

そこでラムダセールさんから薦められたのがNo.2とNo.3の中間サイズの110%だ。わずかにメンスルにオーバーラップするが、ファーリングする必要が出てもほんの少しファーリングすればNo.3サイズになるのでセールカーブの崩れはほとんどありませんよと言われた。

一方、舵2008年3月号横山一郎設計のイオロス26ショートハンドバージョン(2号艇)の記事にはこんなことが書いてあり、なるほどなと得心。
「このモデルの1号艇は5-7人乗艇(乗員の体重が400~500kg)を前提にセールプランを決めている。
2号艇は二人乗りなので300~400kg軽くなる。軽くなれば艇の復元力が減少する。オリジナルのセール(135%のNo.2ジェノア)ではオーバーパワーになるので100%のノンオーバーラップジブ(No.3ジェノア)に変更した。(小さくなった復元力に見合うようにセールをパワーダウンしたということ。)
最初から小さなジブセールを揚げてれば風が吹き上がってきてもジブの縮帆作業は不要で、メインのリーフだけで済む。一般的に風が上がるとウエザーヘルムが強くなり、ジブのバックウインドでメインがバタバタし始めるが、最初にメインをリーフすることでバタツキを抑えることが出来る。」

2008年6月23日
ラムダセールさんより「ジブが一枚しかないなら110%がベストだが、まだ使える120%のジェノアがあるのなら100%をつくりましょうと再提案あり。イオロス26ショートハンドバージョン(2号艇)の記事に納得していたのでそれに決定。



以下参考情報

尚、セールの組み合わせについてはいろんな考え方がある。
1)インナーセーリング
00~10kn ジェノア+フルメイン
11~16kn レギュラー+フルメイン
17~27kn レギュラー+1Pメイン
28~40kn ストーム +2Pメイン
40kn以上 ストームか2Pメインのどちらか一枚

2)舵2001年3月号 荒天帆走とセールチェンジ
①05~08kn ジェノア +フルメイン
②風速が上がりウェザーヘルムが強くなってきたら ジェノア+1Pメイン
(風を逃がしてもウェザーを軽減できないなら、後ろにあるメインセールの面積を小さくすることによって風圧の中心(と書いてあるがCEのことだと思う)を前方にずらしてウェザーを減らすという考え方)
③白波が出始めたらレギュラー+1Pメイン
④更に風が強くなったら レギュラー+2Pメイン
(沿岸航海ならこの組み合わせでたいていの荒天を乗り切れることが出来るので、避航して港に逃げ込む。この後さらに風が強まりウェザーがきつくなればスリーポンメイン+レギュラー。)
⑤まだまだ風が上がりそうでしばらく走り続けなければならない場合はストーム+2Pメイン
⑥更に風が吹きあがったら3P+ストーム

3)ブルーシーガルさん
① 風が0~5mまではNO1ゼノアー150%。フルメィン。
② 風が4~8mまではNO2ゼノアー120%。フルメィン。
③ 風が7~12mNO3ジブ100%。場合によってはメインセィルのフラッタを引く。
④ 風が10~13mの時はNO3とメインセィルをワンポイントリーフする。
⑤ 風が12~15mの時はNO3とメインセィルをツーポイントリーフする
⑥ 風が14~17mの時はストムジブとツーポイントリーフ又はスリーポイント。
⑦ 風が17m以上の時はストムジブとメインセをスリーポイントする。
[PR]
by mantenbosisan | 2012-01-05 16:01 | 装備(改定版)