人気ブログランキング |

満天☆の海-2

エンジンの緊急停止方法

こんな記事があった
BJP_WEB__STAFF_BLOG http://www.bjpo.com/28web_blog/blog12%81Q7%81Q9.html

2012825日 ヤマハ25マイレディの上架とエンジントラブル。

「エンジンが掛からない!」の声。

考えられる要素をすべてチェックしてもらうが、解決しない!???

アイドリングでは掛かるのだが、スロットルをあげるとストールしてしまう。

とおりかかった石垣マリンさんに診断してもらうと「オイルの入過ぎ?」

その症状と云えば「もの凄い白煙」と「オイル混じりの真っ黒な排水」

なんと最後には、エンジンが超高回転し、燃料カッターを引いても止まらず、デコンプでようやく停止することができた。

これは、オイルが燃焼したかめかも?です。

オイルを抜き、再始動すると通常に戻りましたが・・・

オイル注入量にはくれぐれもご注意を!

デコンプレバーでエンジンを停止させるというのを初めて聞いたので調べたらこんな記事を見つけた。
ディーゼルエンジンの始動と停止 デコンプ
https://blog.goo.ne.jp/goo541705/e/3785f812f9d12cc8a2a3b517cad81548

しかし、出来る限りこの方法は取るべきではないようだ!!
若い頃1級免許を取った時に使用した537頁の分厚い「小型船舶操縦士教本」の367頁にこんな記述があった。
機関のターニングや始動を容易にするために小型ディーゼルにはデコンプハンドル(無圧縮ハンドル)があるが、これを機関停止の操作に使用すると、次にエンジンを掛ける時、ピストンの上に溜まっていた燃料油がいちどに爆発燃焼し、ピストンやシリンダーカバーを壊す例が多いので、機関停止は必ずストップボタン(カットオフボタン)によって行う。



by mantenbosisan | 2018-09-23 07:00 | 緊急時対応 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。