人気ブログランキング |

満天☆の海-2

カテゴリ:運用全般( 22 )

ローリングヒッチ

b0114415_21585726.jpg
これまで自己流というか勘違いローリングヒッチ(二巻きしてからクラブヒッチ)でぶら下がって何度もマスト登りしてきたが、結び方の正解は右(二巻き目は一巻き目にかぶせてからクラブヒッチ)だとつい最近知った(結びの本)。あーおそろしい! でも、落っこちもせずまだ生きてるという事はこれもありなのか?

by mantenbosisan | 2017-01-24 22:10 | 運用全般 | Comments(0)

トリガーヒッチの改良型

昔の舵の記事
改良前の結び方だが、下の写真2)は上から回すはずなのに下を通している。解説もちょっと意味不明だが。2007年6月号の舵だった。
b0114415_23155900.jpg


能崎さんのブログ
強い力が加えられると解けることがあるとのことで、改良した由。
b0114415_23165166.jpg
改良型に基づいてやってみた
b0114415_23180683.jpg



by mantenbosisan | 2017-01-21 23:26 | 運用全般 | Comments(0)

Newpec のバージョンアップ 2014.01.27

Newpec のバージョンアップ 2014.01.27

2014年1月更新内容のバージョンアップをやってみた。もっと簡単にできるかと思ったのだが…

ダウンロードして完了かと思ったら、そうじゃなかった。ダウンロード→保存→保存したファイルをクリック(自動解凍)→インストールと言う手順が必要だった。
これでデータのバージョンアップは完了のようだが、バージョンアップに成功したかどうかどうやったらわかるか水路協会に聞いたら、データのversionが切り替わってれば成功しているということだった。データのversionは1.32  → 1.41 になった。(4月の更新を行うとデータバージョンは1.42になるとのことだ。)
表示プログラムはversion2.36のままだったが、これも同じようにダウンロード、インストール作業が必要だと言われたのでやったら2.36 →2.50となった。
これで完了のようだ。
尚、購入後1年で海図更新のライセンスが切れるが、海図更新以外のNewpecプログラムの更新はライセンスが切れても出来るので、使い続ける間やってほしいとのこと。


バージョンアップ方法まとめ
水路協会ネットショップHP左端のNewpecメニューの「ダウンロード」をクリックし、「ユーザー様専用ダウンロード」をクリックして行う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダウンロードには、ドングル管理番号 ・ドングル固有番号が必要となります。
番号がご不明な方は、ドングルに張られているA**** or B**** の番号をお控えの上、お問い合わせください。
専用ページで管理番号入力後、ダウンロードファイルが表示されます。
購入海域のダウンロードアイコンをクリックするとダウンロードが開始されます。
任意のホルダーに保存してください。
保存したファイルを解凍(クリックで自動解凍)→exeファイルをクリックしインストールをしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注意!
ダウンロードしただけじゃだめ! 「保存」をクリックし、その後保存したファイルをクリックして自動解凍し、更にファイルをインストールする必要があった。そして更に表示プログラムも同じようにダウンロード、インストールしなければならない。
by mantenbosisan | 2014-03-28 12:43 | 運用全般 | Comments(0)

海軍式時刻の呼称

老いの入り舞と言うブログより引用
海軍兵学校入校教育の時 海軍式数字の読み方を教えられました。
「ひと、ふた、さん、よん、ご、ろく、なな、はち、きゅう、まる」
でありました。
戦闘中の主砲、副砲、機関砲等の発射音、被弾爆発などの音量は
想像を絶するものがあり、更に風浪は勿論入り乱れる命令、報告などの
中で数字を間違いなく伝える為に考えられたものでありましょう…

ということで、こうなるようだ。
yahoo知恵袋の回答より
0000まるまるまるまる。0100まるひとまるまる。0200まるふたまるまる。0300まるさんまるまる。0400まるよんまるまる。0500まるごうまるまる。0600まるろくまるまる。0700まるななまるまる。0800まるやあまるまる。0900まるきゅうまるまる。1000ひとまるまるまる。1100ひとひとまるまる。1200ひとふたまるまる。1300ひとさんまるまる。1400ひとよんまるまる。1500ひとごうまるまる。1600ひとろくまるまる。1700ひとななまるまる。1800ひとやあまるまる。1900ひときゅうまるまる…
ただし、上記のうち1800については、実際に当時軍隊教育を受けた方が8は「はち」と呼称したというのだから、「ひとはちまるまる」だったはずだが?
by mantenbosisan | 2014-02-23 13:21 | 運用全般 | Comments(0)

津波に遭遇した船の行動事例集

津波に遭遇した船の行動事例集 近畿運輸局
http://www.mlit.go.jp/common/000212285.pdf
by mantenbosisan | 2013-12-08 17:13 | 運用全般 | Comments(0)

航海燈のメンテ他舵2004年8月号メンテ講座Vol.8

b0114415_14575051.jpg
b0114415_14582689.jpg
b0114415_1459522.jpg

by mantenbosisan | 2013-01-22 15:01 | 運用全般 | Comments(0)

右舷船首約1点とは

海難審判裁決事例などによく出てくる方向を表す「点」について海上保安庁海の相談室に聞いてみた。
1点とは、360度方位を32度方位で表した値(360/32)すなわち、1点=11°15′=11.25°なのだそうだ。
だから、「右舷船首約1点2.4海里ばかりのところに」とは「右舷船首約11°15′(11.25°)方向2.4海里ばかりのところに」と読み替えることが出来る。


海難審判所HPの海の交通法規入門 から抜粋http://www.mlit.go.jp/jmat/monoshiri/houki/houkinyumon/oikoshi.htm
海上衝突予防法では、「船舶の正横(せいおうと読む)後22度30分を超える後方の位置からその船舶を追い越す船舶は、追越し船とする。」と定めています。

「22度30分」とはずいぶん半端な角度ですね。
 船の真横(正横)から船尾までの90度、その4分の1といえばわかりやすいでしょうか。

 これは方位を示すコンパスカードの読み方からきています。風の吹く方向、風向の表し方とも関連があります。
 360度を32等分した方位の角度(11度15分)を1ポイント(Point)「点」といいます。昔の帆船の時代から船では、方位の角度を表す単位としてこのポイントを使ってきました。
 「船舶の正横後22度30分」とは「船舶の正横後2ポイント」という言い方もできます。

 「船舶の正横後22度30分」で示される区分けは、夜間、船が点灯する灯火の区分けにもなります。
 夜間、船の後方を照らす「船尾灯」と、船の右側を照らす「右舷灯」及び船の左側を照らす「左舷灯」の境でもあります。
b0114415_851388.gif

海上保安庁海洋情報部「海の相談室」
電話: 03-5500-7155
E-mail: consult@jodc.go.jp
利用時間: 午前10時 -午後5時
休館日: 土・日曜、国民の祝日および年末・年始

by mantenbosisan | 2012-03-02 22:35 | 運用全般 | Comments(0)

海の交通法規ーナイトクルージングの航海灯法規制

1)海の交通法規海難審判所HP-海の交通法規

2)ナイトクルージングの航海灯法規制(ヨット)他の船の灯火についても知っておかないといけない(下記、航海灯法規制ーその2船舶一般を参照)が、自分の乗っているヨットの航海灯を間違って点灯していたら話しにならない。
KAKESUー3(Y28)にはマスト灯は無く、マストトップの白色全周灯(停泊灯)、両色灯(赤の左舷灯、緑の右舷灯が一体になったもの)、船尾灯(白色)の三つだ。そして配線は両色灯と船尾灯が共通スイッチなので両色灯を点けると船尾灯もついてしまう。古いタイプのヨットにはこういう配線もあるらしいので注意が必要だ。配線を変えなければならないのだが電気が苦手なのでまだいじってないので、船尾灯を消す必要がある時はヒューズを抜く(オーバーナイトなどの長時間のクルージング時)か、覆って灯火が漏れないようにしなければならず面倒だ。
注:2013年3月ついに自力で両色燈と船尾燈を分離。

法規制はこうなっている
機走時(=機帆走時)⇒全周灯(停泊灯)+両色灯を点灯…船尾灯消灯。
帆走時⇒両色灯+船尾灯を点灯…全周灯(停泊灯)消灯。

2013年3月ついに自力で両色燈と船尾燈を分離したので、もうこんなことをする必要なくなったが、今まではこんなやり方をしてしのいでいた。
オーバーナイトで船尾灯が不要な時はヒューズを抜いたら良いが、短時間のナイトには
1)夜間出港(機走) : 船尾灯を覆い ⇒  全周灯+両色灯点灯。
2)機関停止、帆走開始 : 全周灯消灯。船尾灯の覆いを取り ⇒ 両色灯+船尾灯点灯。
3)機帆走(機走も同じ)開始、夜間入港⇒全周灯点灯。船尾灯に覆いをかけて ⇒ 上記1)に戻す。

航海灯法規制
by mantenbosisan | 2011-10-11 01:00 | 運用全般 | Comments(0)

面舵、取り舵の由来の正しい説明

前進中に右に旋回する=右舵を面舵、左に旋回する=左舵を取り舵というのだが、なぜそう言うようになったのか
海保の「海のミニ知識」http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN3/sodan/topics/topics.html
に載ってる面舵、取り舵の説明は理論的におかしいのでネットで調べてみた。

背景(基本知識)
・羅針盤(方位磁石)は中国で発明された。
・方位目盛が書かれた方位盤(羅盤)には、右回りに十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)が記されており、子(ね)が北、卯(う)が東、午が(南)、酉(とり)が西の方角を表した。海図の南北方向の経線が子午線(しごせん)と呼ばれるのはそういう経緯からだ。
・方位盤(羅盤)の中央にはぐるぐる自由に回転していつでも子(北)を指す方位磁針を組み込んで使用したので羅針盤と言われた。
・もともと中國では磁針が指している方向に方位盤の子(北)を合わせて船首が向いてる方向を知ったのだが、日本では江戸時代に、“裏針(うらばり)”とか“逆針(さかばり)”と言って十二支が逆の左回りに記された日本独特の羅針盤が使われ、方位盤の子(北)を船首に合わせて固定して使った。そうすることによっていちいち方位盤の子(北)を磁針に合わせて船首が向いてる方位を割り出さなくても、磁針が指す方位を読み取りさえすれば船が向かってる方位がわかるという非常に頭のいい方法を編み出したわけだ。
・また、当時の和船の舵は舵輪ではなく舵柄(ヨットで言うティラー)を使っていたということも忘れてはならない。舵柄(ティラー)の操舵は船首方向に航行中、進行右側に舵柄を動かせば船は左に旋回し、進行左側に舵柄を動かせば船は右に旋回する。
b0114415_213410.png


上記の背景を知らなければ、なぜ面舵、取り舵と言うようになったのかが理解できない。

すなわち、江戸時代の和船の船針盤(ふなじしゃく)は通常の羅針盤とは逆に、船首に向かって右側が酉(とり)、左側が卯(う)になるように固定されているので、舵柄(ティラー)を右(酉)側に動かす(船は左方向に旋回する)ことを酉(とり)舵といい、左(卯)側に動かす(船は右に旋回する)ことを卯(う)の舵と呼んだことに由来し、後に「酉舵」は取り舵、「卯の舵」は面舵(おもかじ)となった。
出典
http://www.tdk.co.jp/techmag/inductive/200807/index.htm
http://www.nexyzbb.ne.jp/~j_sunami76/fr-kotoba.html
by mantenbosisan | 2011-08-31 19:37 | 運用全般 | Comments(0)

船検準備

JCIから定期検査(沿岸小型船舶)の連絡がきた。

信号紅炎、信号火閃とも期限切れだ。
この有効期限には異議あり。期限切れになっていても十分使えるのに買い替えなければならないのは腹立たしい。

More
by mantenbosisan | 2011-02-02 19:27 | 運用全般 | Comments(0)