人気ブログランキング |

満天☆の海-2

カテゴリ:航海情報相模湾( 10 )

2012夏 岬めぐりの旅(帰航)  三崎―安良里 黒潮分流が逆転していた

2012年8月8日 明日に備えて
明日の航海に備えてGPSに門脇埼沖と爪木崎東のWPを入力。
明日は午前中北5-6mで徐々に弱まり昼から南の微風に変わる予報だ。海流は8月2日発表沿岸流況図31号によると爪木崎―大島間から相模湾を北上している。午前中は風が弱い予報なので作戦としては早めに門脇埼に寄せて岸寄りを南下し、機帆走で出来るだけ速度を上げて昼までには爪木崎をかわしたい。
風が南に変わる時間が早まり、爪木崎から上げてくる黒潮分流と一緒になるとかなり手こずるだろうけど安良里着が19時ならまだそう暗くはないし、夜間の入港になったとしても特に問題はない。

2012年8月9日
b0114415_2354279.jpg


0555時 三崎沖スタート244度で門脇沖を目指す。北の風弱くエンジン頼み。北の風は午前中までで午後は南に変わるとの予報なので出来る限り早く爪木崎を回りたい。
1200時 爪木崎手前 34-40.624 , 139.01.555 間もなく139°が終わる。
1205時 石廊崎視認 バウを神子元島に向ける。

運良く黒潮の分岐流に遭遇せず早く南下できたと思い、帰宅後調べてみたら黒潮は三宅島の外に離れ、伊豆半島東岸の沿岸流はクルージングに出る前の情報と逆の流れになっていたことがわかった(沿岸流況図32号)。このせいで速かったのだ。帰宅後チェックしたら8月10日からはまた流れが逆転していた。

クルージングするにあたりこの沿岸流を正確につかめたら大助かりなのだが…。
爪木崎と大島間はいつも北東の流れがあり、一方伊豆半島沿岸には北から南に向かう強い流れがあると信じているヨットマンが多く下田でもそういうアドバイスをくれた人がいたが必ずしもそうではないのだ。

1215時いつになく穏やかな爪木崎の南沖でペラに軽い衝撃あり。速度が急激に落ちなにかを巻き込んだ。今回のクルージングで3回目だ。捨て網をペラが巻いていた。潜って取り除く。
1315時 再スタート。
1700時 安良里湾口着
海流が味方してくれて三崎-爪木崎間を6時間で走破。その後も順調に走り11時間で安良里着。ペラに巻きついた網除去の潜水作業時間を差し引くと三崎安良里間を正味十時間強で走ったことになる。 
航海の 詳細は満天☆の海

b0114415_2254197.jpg

b0114415_2261528.jpg

by mantenbosisan | 2012-08-09 23:00 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

三崎港入出港&三崎ー江ノ島・葉山ルート設定

三崎港の特徴
三崎港は長さ約3,000メートルの三浦半島の南岸線と城ヶ島の北岸線との間に挟まれ、その間が東西に延びる水路となった港で、城ケ島大橋の東側水路北側には窪ガリ根(くぼがりね)と称する浅礁域が、南側には中根と称する浅礁域が、それぞれ同水路中央部に向かって拡延している。(海難審判庁裁決録 > 2003年度(平成15年) > 乗揚事件一覧 > 事件 平成15年横審第9号 件名  練習船福島丸乗揚事件より抜粋)

中根は第3号灯浮標(左舷標識)の南西至近距離にあるのでこの左舷標識から左にはみ出すと座礁する。これまで何隻もの船がこの中根に乗り揚げているので十分注意の事。

安房埼灯台(awasakitoudai 35-07.75, 139-37.8)の南東方約200mには神楽高根などの険礁があり安房埼灯台に併設されている安房埼神楽高根照射灯が照らす。

b0114415_2013529.jpg

東口水路拡大
b0114415_20151373.jpg


三崎港東口からの入港コース
三崎東口WP35-7.449,139-39.231から305°Mで城ケ島大橋赤塗橋げた中央を目指す。このコースは順に第一号灯浮標、三崎港東口南防波堤灯台、第三号灯浮標を左舷に見て水路を航行できるように設定してある。
南海域からアプローチする場合は安房埼灯台を目指し、近づいたら安房埼灯台から南東1NM弱に置いたWPTに向かう。
b0114415_2251458.jpg
b0114415_2254089.jpg



三崎港西口からの入港コース
三崎港釜根灯浮標(左舷標識)35-08.467, 139-36.3167と三崎港南防波堤灯台(赤塔形)35-08.37, 139-36.43の間から入港する。防波堤の中(裏側)には漁礁,いけすが多数あるので注意して入港すること。
2012年8月7日入港
b0114415_21315191.jpg
b0114415_21561572.jpg



三崎港から江の島に向かう場合
釜根灯浮標35-8.467,139-36.3167から直接「江の島定置を南に脱出ポイント」35-16.552,139-28.876へ向かえばよい。

三崎港から葉山に向かう場合
釜根灯浮標から亀城礁WWP 35- 11.896, 139-34.4を経て名島WWP 35-16.281, 139-32.589に向かう。

亀城礁WWP は亀城礁灯標(西方位標識)の西方約600mの位置35- 11.896, 139-34.663に設置していたが、2015年7月にあった地元ヨットの亀城礁座礁事故(亀城礁灯標の南西約200m)を考慮して、コースが少々ずれても大丈夫なように更に西に約400m移動し亀城礁灯標からW約1000mとした。2017.09.10
尚、亀城礁の浅瀬の一番西は6.8mの等深線で、この位置はおおよそ139-34.4。ここから東方に向かって浅くなって行き、暗岩などもある。

東京湾から城ケ島沖を廻って江の島方面に行く場合
三崎東口WP35-7.449,139-39.231から城ケ島SWP35-7.035,139-37.364⇒城ケ島WWP35-7.688,139-35.992⇒江の島定置を南に脱出ポイント35-16.552,139-28.876へ。
by mantenbosisan | 2012-08-07 22:00 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

諸磯崎危険範囲線と諸磯湾入港ルート設定

b0114415_954020.jpg


訂正 2012.08.20
緯度経度は平成3年1991年発行海図No.92の日本測地系緯度経度を世界測地系に換算して得た緯度経度。左列は度分表示、右列はgoogle設定用の度換算表示。
諸磯崎南危険範囲線
e) 35-9.4045 139-36.5741 (35.15674,139.60957)船揚場北西の防波堤先端
d) 35-9.4478 139-36.4341 (35.15746,139.60724)灯台北水面の干出岩の北水深3.1m
c) 35-9.48117 139-36.21577(35.15802,139.603596)蝦島(エビシマ)北水深2.7mと10.8m等深線の境界
b) 35-9.48117 139-36.00745(35.15802,139.600124)秀根北西水深3m附近
a) 35-9.23118 139-36.05747(35.153853,139.60096)大島東に散在するの岩の東

諸磯崎北危険範囲線
2) 35-9.45117 139-36.63073(35.15752,139.61051) 弁天鼻0.8mと4.8mの境界
1) 35-9.5645 139-36.39075 (35.15941,139.60651)  井ノ瀬

諸磯崎灯台
35-9.33118 139-36.45242  (35.15552,139.60754)
相模網代崎沖灯浮標 (これは海保水路通報から拾った概位なので正確ではない)
35-10.2 139-35.8  (35.17,139.59667)

三崎から諸磯湾進入コースwp
wp2) 35-9.662, 139-35.925'
wp1) 35-9.463, 139-35.812
(wp1,2とも最初の設定後より危険範囲線に近づけたので、荒れてる時は危険範囲線よりもう少しを離すこと。)

葉山方面から向かう場合は亀城礁WWP 35- 11.896, 139-34.4ー相模網代崎沖灯浮標(安全標識)を経て諸磯白灯台に向かい次に諸磯湾白いマンションを120-124°に見て定置網。生簀などを避けながら進入する。
三崎からアプローチの場合は釜根灯浮標から345°M でwp1に向かい33°Mでwp2へと進み白いマンションを120‐124°に見て進入する。

注:亀城礁WWP は亀城礁灯標(西方位標識)の西方約600mの位置35- 11.896, 139-34.663に設置していたが、2015年7月にあった地元ヨットの亀城礁座礁事故(亀城礁灯標の南西約200m)を考慮して、コースが少々ずれても大丈夫なように更に西に約400m移動し亀城礁灯標からW約1000mとした。2017.09.10
尚、亀城礁の浅瀬の一番西は6.8mの等深線で、この位置はおおよそ139-34.4。ここから東方に向かって浅くなって行き、暗岩などもある。





by mantenbosisan | 2012-08-07 20:41 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

諸磯湾入港ルート設定

注:本稿は写真があるので削除せず保存する。
三崎マリーン上下架料訂正(2015.09.18)

2012.08.07(火) 
亀城礁wpを過ぎるとやがて小網代沖に相模網代埼沖灯浮標(赤白縦縞の灯浮標で安全水域であることを示す標識)が見えてきた。
注:亀城礁WWP は亀城礁灯標(西方位標識)の西方約600mの位置35- 11.896, 139-34.663に設置していたが、2015年7月にあった地元ヨットの亀城礁座礁事故(亀城礁灯標の南西約200m)を考慮して、コースが少々ずれても大丈夫なように更に西に約400m移動し亀城礁灯標からW約1000mとした。2017.09.10
尚、亀城礁の浅瀬の一番西は6.8mの等深線で、この位置はおおよそ139-34.4。ここから東方に向かって浅くなって行き、暗岩などもある。
b0114415_22562837.jpg

相模網代埼沖灯浮標:位置35-10.2, 139-35.8。
b0114415_22572114.jpg

シーボニアに入るにはこの相模網代埼沖灯浮標からまっすぐシーボニアのマンション群を目指して進めばよいようだが、今回はシーボニアには入らない。
安全水域標識から諸磯埼の白灯台が見えるのでまっすぐに白灯台を目指して進んだ。右側には定置網や暗礁があるので注意しながら進む。

白灯台を目指して進んで行くと諸磯湾のよく目印にされる例の白いマンションが見えてきた。
下の写真。この位置から油壷に入る左舷標識のグリーンのブイも見えている。
b0114415_2372154.jpg


注:舵の2012年8月号別冊付録関東水域主要マリーナ入港ガイドには115°(mag)で白いマンションに向かえと書いてあるがこの方位では防波堤や暗礁に乗り揚げる心配がある。安全標識から白灯台に向かい磁針方位120-124°位で白いマンションを見て網に気を付けながら向かうのが良いようだ。
下の写真は諸磯崎灯台
b0114415_2310266.jpg


網が至る所にあるので気を付けながら諸磯崎の中に入り弁天鼻の先の左手にグリーンのブイ、正面右に白いマンションを見渡しているところ。このマンションには昔中村さんが部屋を所有していて何度も遊びに来たのでなつかしい。そして中村さんの三崎マリーン(油壷ヨットハーバー)に置いていたヨットに一時期よく乗りに来ていたのだがもう20年くらい前のことで自分で舵を取らなかったので油壷湾への入り方は全く記憶に残ってない。
b0114415_23292659.jpg


グリーンのブイを左折して行くと水路はやがて突き当りを右に折れて見覚えのある光景が広がっていた。係留ブイが整然と並び左手にABS,正面に海上係留のヨット群、その奥が三崎マリーン(油壷ヨットハーバー)だ。。
b0114415_23435664.jpg
b0114415_23443483.jpg

この油壷ヨットハーバーは一泊4200円(28ft)(訂正翌日10時まで一泊154円/FT)で係留できるのでこの海域で何かあったら入るつもりで今回視察に来たのだ。江の島YHや葉山港より安い。また3日間の上架料が29400円(クレーン、船台料込み)というのも驚きだし、軽い船底の汚れ取りにご利用くださいクレーン昼1時間吊りフィート300円(訂正309円)というサービスもある。上架料などは安良里shipbuilderのほぼ半額、重須の内浦造船とほぼ同額だ。毎年重須に回航して上架してるが、クルージングを兼ねて油壷に来るのもよさそうだ。車がないと身動き取れないけど。
*2015年9月19日調べでは28ftの上下架料と3日間の船台使用量は合計で30,230円となっていた。高圧水使用料などは別料金かもしれない。詳細は三崎マリーン(油壷ヨットハーバー)HP DIY料金表を参照。電話046-882-6081

同じ安良里のヨットがABSの前に係留されていた。整備のために来たのだろう。
ABSの前で旋回して戻り、沖出しして三崎に向かう。
諸磯湾を出ると諸磯崎と右手の定置網の間を入港してくる地元と思われるヨットがいたので真似してショートカットして沖に出たが、左手すぐ側に暗礁があり危険だった。見えている磯だけじゃなく暗岩などもあるのでちょっとうかつだった。江の島方向に行くなら来たルートを逆に進めばよいのだが三崎方向に行くので遠回りになると思ってショートカットしたのだがまずかった。大いに反省。

反省して後で海図で諸磯から三崎へのルートを作成。

今回油壷湾の入港ルートを視察に行って良かった。いろいろ勉強になった。これで荒天でも安心して入港できる。

江の島方向から諸磯湾に入るコース又はその逆)
亀城礁西方に設置したwpから小網代沖の赤白縦縞の安全水域標識(相模網代埼沖灯浮標)に向かい、この安全水域標識から諸磯崎白灯台に向かう。白いマンションを見たら磁針方位120‐124°位で向かう。このコースで暗礁、浅瀬は大丈夫なので後は網に気を付けて避けながら進入する。115°はダメ。

当初124°Mで進入コースを設定しようとしたのだが三崎マリーンHP http://www.misakimarine.com/map3.htmに進入コースの案内あり白いマンションを120度Mに見て入れとなっているのでそれに倣うことにした。海図でチェックしたが120°の進入コースでも問題なさそう。
ただ、実際問題バルクヘッドコンパスを見ながら120°ピッタリで入って行くなんてできないので、ハンドコンパスで120‐124°で白いマンションが見える位置に来てバウを向けたら後は網や生簀などの障害物に注意を払って入って行くことになる。

諸磯湾から三崎に行くコース(又はその逆)
別稿 

危険範囲線を作成
別稿
三崎マリーン(油壷ヨットハーバー)の進入コース案内によるとこの付近2か所で座礁事故が起きているとのことなので進入コース北側および南側の暗礁を囲む危険範囲線を作成してGPSに設定することにした。この範囲線の中に入らないように進めば方位がぶれても安心だ。あとは定置網、いけすなどを目視で避ければよい。
by mantenbosisan | 2012-08-07 19:10 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

江ノ島-諸磯&江ノ島ー三崎ルート設定

記事は満天☆の海
b0114415_920295.jpg

2012年10月21日どんべえで江の島から鎌倉まで航行。
鎌高沖の二つの定置の間を抜けて逗子沖に出られることがわかった。帰りは鎌高沖陸側の定置と陸との間を航行したが30ft以上のヨットの航行も問題ないとのこと。十分な広さの海域があり水深6m以上あった。
前回鎌倉沖の陸側定置の沖側エンド附近を通り抜けようとしたら漁師から手で沖に行けと指示されたが、定置のワイヤーを長く張ってあるとのことで、漁師の指示はもっと定置から離れて航行しろという意味だったようだ。定置と定置の間を航行するなという意味ではなかったようだ。
とはいえ、前回KAKESU-3が取ったコースが一番安全であることは間違いない。

名島WWP   35-16.281, 139-32.589 (名島の一番外の暗礁から約1㎞西に離して設定)
亀城礁WWP 35-11.896, 139-34.4(亀城礁灯標から約1000m西に離して設定)
 注:亀城礁WWP は亀城礁灯標(西方位標識)の西方約600mの位置35- 11.896, 139-34.663に設置していたが、2015年7月にあった地元ヨットの亀城礁座礁事故(亀城礁灯標の南西約200m)を考慮して、コースが少々ずれても大丈夫なように更に西に約400m移動し亀城礁灯標からW約1000mとした。2017.09.10 尚、亀城礁の浅瀬の一番西は6.8mの等深線で、この位置はおおよそ139-34.4。ここから東方に向かって浅くなって行き、暗岩などもある。

亀城礁灯標位置 35-11.9376,139-35.0874
相模網代崎沖灯浮標(安全水域標識) 35-10.2 139-35.8(これは海保水路通報から拾った灯台表概位)
定置網位置情報はhttp://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/yokosuka/info/miura-zentai.htm
b0114415_2020396.jpg

by mantenbosisan | 2012-08-07 19:00 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

2012夏08.06相模湾の沿岸流

伊東出港直後から重い感じがしてスピードが出なかったが、江の島まで時間を追うごとに終始向かい潮になっていたことが下の沿岸流の図でわかる。航海記録は満天☆の海。

8月6日の伊東の潮汐
満潮07:00、干潮13:00 潮高差1m

海上保安庁海洋情報部提供「海水の動き」より
b0114415_16332580.jpg

by mantenbosisan | 2012-08-06 18:18 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

舵の入港ガイドは当てにするな!

8月号付録関東水域主要マリーナ入港ガイドP9三崎フィッシャリーナウオーフのおそらく三崎港東口第1号灯浮標と思われる経度がとんでもない位置になっている。
この位置情報を鵜呑みにしてGPSに設定し大島を出港したら真鶴に連れて行かれるが、それよりも一番こわいのはちょっとだけズレていて暗礁に乗り揚げてしまうことだ。

この入港ガイドは以前にも掲載されており(たしか去年だ。ここ数年は図書館で読むだけなのではっきりしないが)、それをただ焼き直して8月号の付録にしたもので、間違った位置情報は訂正されずそのままになっていた。舵も地に落ちた。

海図を全部そろえると大変な金額になるのでこのような位置情報をGPSに入れてクルージングしたくなるがやはり海図や港湾案内、漁港案内などで確認しないと危険!!
by mantenbosisan | 2012-07-27 14:10 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

定置網情報三浦半島ー相模湾


海保 定置網位置図/乗り揚げ発生場所

該当箇所をクリックしていくとだんだんと詳細情報が得られる。

by mantenbosisan | 2012-07-22 22:09 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

クルージングマップ安良里ー大島ー相模湾

クリックして拡大↓

More
by mantenbosisan | 2010-06-01 16:12 | 航海情報相模湾 | Comments(0)

2008.07.01 城ヶ島灯台と鳶

城ヶ島灯台(訪問日2008.07.01)
城ヶ島の西側の高台に建っておりその光は茅ヶ崎まで届く。稲取から三崎(35nm)に向う時は航程の半分くらいから見え始める。
a0105544_22185913.jpg

a0105544_2163849.jpg

by mantenbosisan | 2008-07-01 18:33 | 航海情報相模湾 | Comments(0)