満天☆の海-2

カテゴリ:航海情報駿河湾( 9 )

教訓海難・御前岩の北で転覆(ブローチング回避措置義務違反)

横浜地方海難審判所裁決22yh043

総トン数1.1トン、登録長6.77mの地頭方漁港所属の小型漁船岡村丸は、御前崎港東方沖合の御前岩周辺海域でイサキやタイの一本釣りを毎週末に1回程度行っており,以前帰航中に追い波を受けて下り斜面で速力が増すとともに舵が効かなくなるブローチング現象を体験し,仲間からも追い波についての注意を受け,危険性について承知していた。そして,当日は,電話で清水海上保安部発表の気象情報や天気予報を確認し,東寄りの風で波高が約1.5m程度であったことから,釣りができる状況と判断して出港したものであった。

07時59分少し過ぎ釣りをやめて帰港の為御前岩北方の新根と称する岩礁(御前岩灯標から358度(真方位,以下同じ。)1,200mの地点)から発進し,針路を防波堤(A)南側の港口に向く291度に定めたとき,付近海域には,東寄りの波浪があり,波速近くまで増速すると高起した追い波を右舷船尾方から受けてブローチング現象が生じるおそれのある状況であったが,この程度の波高なら無難に航行できるものと思い,斜め追い波を受けないように針路を変えるなり,舵効のある最小限の速力に調整するなど,ブローチング現象を回避するための措置を十分にとることなく,船外機を微速力前進にかけ,8.0ノットの速力(対地速力,以下同じ。)で手動操舵により航行した。

 こうして,岡村丸は,08時00分わずか前波速よりやや遅い8.0ノットの速力で続航していたところ,右舷船尾方約20度から寄せる高起した追い波によってブローチング現象を生じ,波頂付近の下り斜面で急激に右回頭しながら波谷に向かって左舷船首が突っ込み,通過した同波の背面で右舷側に大傾斜し,08時00分御前岩灯標から350度1,350mの地点において,復原力を喪失して転覆した。

当時,天候は曇で風力3の東風が吹き,付近には有義波高約1.5mの東寄りの波浪があった。

追記
気象庁、または海保で御前崎沖のピンポイント波高を発表してないはずなので、上記波高は静岡県西部かまたは東海海域東部の波高ではないかと思う。いずれにせよ御前崎を含むかなり広い海域を対象にした天気予報で、その有義波高が1.5mだったのだから、最大波高はその2倍すなわち3mだったことになる。
しかし、転覆事故を起こしたのは御前岩北方の水深10m未満の浅瀬だ。波は浅瀬に来ると急激に高くなる性質を持ってるのだから、事故現場の最大波高が3mだったと考えてはいけないはずだ。計算方法を知らないが、天気予報対象海域の波高よりもっと相当高い波に襲われた可能性がある。

御前岩回航ルートの設定は慎重に!!


[PR]
by mantenbosisan | 2018-02-01 17:52 | 航海情報駿河湾

教訓海難・ヨットT御前岩乗揚事件

かつて、オールドソルトから、(思考・判断能力は)酔っ払い2分の1、海上3分の1、時化の海上10分の1、ということを聞いたが、まさにこれはそれだろう。

ヨットTは平成17年(2005年)5150830分浜名湖沖に差し掛かった時に冷却水排出口から機関室内に浸水しているのを認めて機関を停止し帆走に切り替えた。
1400分修理の為御前崎港に向けて東行を開始したが、御前埼沖合の航行は初めてであり、修理業者から御前岩の周辺に浅瀬があることを聞いたので,旧版海図第70号で御前埼東方約1.3海里沖合には御前岩及び暗岩を含む大根バエと呼ばれる水深10メートル未満の浅礁域が拡延していることを確認。

(にもかかわらず、なぜだ!、)

18
15分御前埼灯台の南4.1海里の地点に達した時,御前岩は孤立障害物で同岩の至近を航行しても大丈夫と思い,海図での水路調査を十分に行わず,御前岩から南南東方約400メートル沖合にかけて存在する水深2メートル未満の浅礁域(御前岩浅礁域)を知らないまま(浜名湖沖で海図で確認したはずではないか!これはどういうことだろう?),針路を御前埼と御前岩との中央に向く016度に定め,レーダーを休止したまま,手動操舵によって進行した。

GPSにルートを入力しないで、しかも夜間に帆走で、御前岩と御前崎の間の海面にコースを採るなどKAKESU-3にはとても考えられないことだが、どのようにして船位を確認するつもりだったんだろう?
当時は時化ではなかったが、エンジントラブルを抱えて知らない港に夜間入港するということで、心穏やかならず”時化の海上10分の1という精神状態に陥ったか?)

そして、左舷船首から受ける強風と潮流により右方に12度圧流されながら4.5ノットの対地速力で続航し,1900分御前岩灯標から1991,590メートルの地点で,右舷船首3度のところに,同灯標の灯火を視認したものの,御前岩浅礁域に向首接近していることに気付かないまま進行中,1915分御前岩灯標から153300メートルの地点において,原針路,原速力のまま御前岩浅礁域に乗り揚げた。

(ここは御前岩灯標(今は改称されて御前岩灯台)の東海面の危険界線の中だ!右舷方向に12度圧流されていたのだから、同じ針路を維持して走り続ければ御前岩灯標の右海面(東海面)に向かうことになることはわかっただろうに…)


当時,天候は晴で風力5の北西風が吹き,潮候は上げ潮の中央期で,日没時刻は1843分であった。

尚、ヨットTは,フィンキール及び舵柱に損傷を生じて航行不能に陥り,付近に錨泊したのち,来援した巡視艇によって御前崎港に引きつけられたとのこと。

海難審判庁裁決録

https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2006/00394/contents/0290.htm


[PR]
by mantenbosisan | 2018-01-28 23:40 | 航海情報駿河湾

教訓海難・睡魔に襲われ御前岩乗揚

船橋当直者が疲労で居眠りし、御前岩灯台に針路を取っていた貨物船が御前岩1nm手前の転針点に気付かず直進し暗礁に突っ込んだというもの。

睡魔に襲われた原因は乗員が2名しかいないハードな業務体制にあるが、ヨットのシングルハンドクルージングも同じようなもので、居眠り防止対策の重要性を再認識させられた。
また、暗礁の上に建つ御前岩灯台に針路を取ってなかったら、例えば御前岩灯台から1nm以上南に針路を取り、御前岩灯台を右舷正横に見たら転針と決めてたら、たとえ居眠りして転針点を直進してしまっても前方に障害物はなく座礁はまぬがれたのだが…
しかし、通常はコースを決めるに際し居眠りなど前提としないし、このケースの場合、風浪の影響を避けるためと、対向船とのすれ違いを考えて通常より北寄りの針路を採ったのだ。

貨物船第弐拾大豊丸遭難事件

https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00992/contents/0770.htm

事件区分 遭難事件

言渡年月日 平成11219

事件発生の年月日時刻及び場所:平成82100513分 静岡県御前岩付近

事件発生の経過(一部抜粋)

船長と機関長の乗員2名の液体ばら積貨物船第弐拾大豊丸総トン数 199.78トンは、平成8281920分千葉港千葉第4区日本燐酸株式会社専用桟橋に着桟し、翌90720分から1050分の間、同桟橋においてリン酸の積荷役を行い、平成8281920分、リン酸400トンを積載して、平均喫水3.0メートルをもって、1100分同港を発し、兵庫県東播磨港に向かった。

C船長は、当該航海時間が40数時間に及び、その大部分を自らが船橋当直に就かなければならず、十分な休息がとれない状況のもと、船橋当直を単独2直制とし、自らが出港操船に続いて船橋当直に就き、機関を全速力前進にかけ、8.0ノットの対地速力で進行し、1530分ごろ相模灘に出たところでD機関長に船橋当直を委ねて降橋し、2000分ごろ伊豆半島東岸で再び昇橋して船橋当直に就いた。

100000分ごろ石廊埼南方0.5海里の地点を航過したころから、船首方向から西寄りの強い風浪を受けるようになり、風浪の影響を少なくするため、ないしは東航船と左舷を対して通過するために、いつもより北に寄った針路を採り、御前埼灯台に向くほぼ270度 (真方位、以下同じ) の針路とし、船首方向からの風浪に抗して、6.0ノットの対地速力で、自動操舵によって続航した。

船橋当直者は、御前岩の手前で御前埼の沖合に向かう針路に転じるつもりで進行していたところ、0438分ごろ御前岩灯標の東方3.0海里のところに接近し、疲労から居眠りに陥ったものか、船位が確認されず、御前岩の暗礁に向首進行していることに気付かずに続航し、0458分ごろ御前岩灯標の東方1.0海里の、針路を御前埼沖合に転じる地点に達したが、依然としてこのことに気付かず、御前岩の暗礁に向首したまま進行した。

こうして、船橋当直者は、御前岩の暗礁を避けることなく続航中、0508分ごろ同暗礁に乗り揚げ、間もなく機関を使用して自力離礁したものの、0513分御前岩灯標から115.5650メートル(0.35nmで危険界線の外)の地点において、浸水により浮力を喪失して沈没した。

当時、天候は晴で風力5ないし6の西北西風が吹き、視界は良好で、御前岩付近では波高3メートルの西寄りの波浪があり、潮候は上げ潮の中央期であった。

[PR]
by mantenbosisan | 2018-01-28 07:37 | 航海情報駿河湾

御前岩迂回ルート


b0114415_10131093.jpg
御前岩避険線設定(以下の各ポイントを結ぶ線)
BN 34-36.70 138-15.70 御前岩灯台から0.85nmN(約1600m北)。御前岩危険界線から0.70nmN(約1300m北)
BE 34-35.82 138-16.30 御前岩灯台から0.55nmE(約1000m東)。御前岩危険界線から0.42nmE(約800m東)
BS 34-35.15 138-15.60 御前岩灯台から0.70nmS(約1300m南)。御前岩危険界線から0.50nmS(約900m南)

避険線設定上の留意点
1)御前岩危険界線(干出岩を含む水深0.9m以下の岩礁帯で御前岩灯台が建つ)にもっとも接近する位置で少なくとも0.2nm(速度5knで2.4分の距離)離して避険線を設定する。避険線に接近したら鳴る警報音は避険線から十分離して設定する。
2)上記を留意した上で、危険界線外側のの3か所の浅所(6.4m,6.5m,7.7m)を直線で囲むように避険線を設定した。

使用した海図W1075は1/100,000の小縮尺の海図なので、全ての浅瀬や暗岩が記載されてるわけではないが、大根バエ(水深10m未満の浅礁域)はほぼカバー出来たはずだ。

海難審判庁裁決録https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00992/contents/0770.htmには次のように書かれている。
御前崎灯台の東方1.8海里付近には、大根バエと称する礁脈が南北に1,000メートル以上にわたって存在し、その北部には御前岩があって、南北300メートルにわたって干出岩などが連なる危険な暗礁が広がっており、それらの存在を示すため、灯質が、群閃白光、毎8秒に2閃光で、灯高18メートル、光達距離13海里の御前岩灯標が設置…。

b0114415_13322188.jpg
御前岩迂回ルートの設定(静穏時)
1)安良里から遠州灘に向かうルートは安良里沖WPからG岩SEを通過してO灯台沖のWPへ。
2)遠州灘から御前崎港に向かうルートはO灯台沖ーG岩SE-G岩E-G岩NEの各WPを経由する。
WP G岩SE 34-35.05 138-16.35 避険線から0.56nm、危険界線から0.80nm
WP G岩E 34-35.82 138-16.83 避険線から0.48nm、危険界線から0.83nm
WP G岩NE 34-36.60 138-16.40 避険線から0.48nm、危険界線から0.80nm

避険線を広く設定してその外側を航行するという方法もあるが、ここではそうせず、御前岩灯台から1nmの円周上にWPを置いて、避険線からほぼ0.5nm(5knの速度で6分の到達距離)離れ、危険界線からは0.8nm前後離した。

上記は静穏時のルートで、荒天時は知らず知らずに風波潮に流される危険があるので、御前岩灯台から1nmの円周を避険線と見做してその外を航行する。
DONさんは常時御前岩から2nmほど離しているようだ。

参考:
上記海図はW1075の1/100,000海図。
御前崎港周辺の大縮尺海図はW1077があるが、御前岩危険界線がぎりぎり入るところで切れており外回り迂回ルート設定上不便なので購入してない。ただし、上の海図でも分かる通り御前岩と陸地の間にはヨットでも通れる水域があるので、ショートカットしたいならW1077が必要だろう。
尚、御前岩灯標は海上に設置されているので灯台と言わず灯標と称していたのだろうと思うが、2013年に晴れて御前岩灯台と改称された。あれだけ立派な灯台なので当然と言えば当然だ。
浅瀬については海保の海の豆辞典http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/5_sodan/mame/index.htmlに「瀬戸内海の浅瀬について」が紹介されている。



[PR]
by mantenbosisan | 2018-01-22 07:52 | 航海情報駿河湾

御前崎港マリーナに行ってきた 3:マリーナ写真と地元で聞いた重要な情報

地元ヨットマンから聞いた重要な情報
御前崎港の東埠頭岸壁(巡視船が泊まってる岸壁)にはプレジャーボートは泊められなくなり、港湾管理事務所からマリーナに行けと言われるとのことだ。その隣の漁船溜まりもダメになったと聞いた。ところがマリーナは受け入れ能力が限られているので、空きがない時にはマリーナ管理人から係留を断られるとのことだ。
ここまで航行して来て入港を断られたら大変な事態なので、そういうこともあり得るということを頭に入れておく必要がある。
実際2012年8月29日入港時空きは1隻分しかなかった。数日前から台風15号のうねりで波浪注意報が出ていたのだが、そのため帰れなくなったモータークルーザーが何隻も係留されていたからだ。



マリーナ入口付近から正面岸壁方向を見る
ポンツーンがふさがってる場合はマリーナ入り口から真っ直ぐ行った突き当りの正面岸壁に係留を指示されるようだ。ポンツーンは西埠頭のガントリークレーンが見える下あたりに何列かある。
入港した時は管理人さんと地元のヨットマンが正面岸壁で待ち構えていて舫いを取ってくれた。この日はKAKESU-3の入港で空きスペースは無くなった。御前崎港の東埠頭岸壁は係留禁止になって着けられなくなり、こちらも空きがないと言われたらどうしたらよいのだろうか?

写真ではガントリークレーンとマリーナは接しているように見えるが、実際にはガントリークレーンがある西埠頭はだいぶ離れている。
b0114415_17343237.jpg


正面右方向
b0114415_17345439.jpg
らしく

正面岸壁からポンツーンの方向を見る。
b0114415_17435039.jpg

[PR]
by mantenbosisan | 2012-08-29 21:00 | 航海情報駿河湾

御前崎港マリーナに行ってきた 2:入港方法と水路写真

御前崎港マリーナ入港方法
西防波堤の西端の白灯台附近から西埠頭の北東端(黄色の灯標がある)に向かって直進してマリーナ水路に入る場合、西埠頭の北東端(黄色の灯標がある)の位置をGPSに入力して置いた方が良い。
というのは、西防波堤付近から西埠頭北東端があまりよく見えず、水深の浅い地頭方漁港とつながってるように見えるので、間違って地頭方漁港側=水路の右側に入り込むと座礁してしまう。

確実なのは下図に示した通り東防波堤と西防波堤の間を入港することだ。
ガントリークレーンが並んでいる西埠頭の手前を右にまがり、ガントリークレーンを左に見て西埠頭の端までくると黄色の灯標がある。そこを左折すると赤、緑のブイがありマリーナ水路の入り口を示している。

水路の標識は入口の赤、緑のブイと水路出口(=マリーナ入口)の赤、緑の旗の標識だけでその中間には何の標識もない。
水路出口の旗の標識はひどく色褪せており、また、下の図にある通りこの左舷標識の旗がコーナー左手前、右舷標識がコーナー右奥と変則的な位置にあるので見えにくいのではないかとマリーナ管理人さんは心配していたが、水路入り口から水路奥を見て左舷標識と右舷標識を視認できるので右舷標識から右(地頭方漁港側)にはみ出さないように注意しながら水路の中央を航行すれば特に問題ないと思う。2艇がすれ違う位の幅は十分ある。
2012年8月29日入港当日14時ごろの水路水深は、場所によりヨットの測深計で4mから5m以上あった。
海保の潮汐推算では2012年8月29日干潮は10時で32㎝、満潮は17時で165㎝。14時の潮高は118㎝となっているので、水路の水深は干潮時でも3m以上あり、満潮時には4m50以上になるというがわかる。
b0114415_1461737.jpg


水路写真
下図は写真の撮影位置を示す
b0114415_1421384.jpg

写真※1
写真左に西埠頭角に立っている黄色の標識、右に水路入り口の赤緑のブイが写ってる。
b0114415_11215514.jpg


写真※2
水路入り口の赤緑のブイ手前から水路奥を見て撮影。水路奥の左右の旗竿標識が見えていた。
b0114415_11221987.jpg


写真※3
水路出口(=マリーナ入口)の色褪せた旗竿標識。
ここを左にぐるっとほぼ180°Uターンしてマリーナに入るのだが、大きく膨らんでターンして赤い旗の標識の外に出てしまい座礁するヨットがいるらしいので注意。
b0114415_1122365.jpg

[PR]
by mantenbosisan | 2012-08-29 20:37 | 航海情報駿河湾

御前崎港マリーナに行ってきた 1:アプローチ上の注意点

2012年8月29日14時頃マリーナ入港。安良里から御前崎港外28NM5時間強で到着。
御前崎マリーナの管理人さんをはじめ地元ヨット、ボートのみなさんは大変親切だった。
御前崎マリーナ管理人電話番号090 4406 5832。
管理人は何人かいて当番制になっているが、この日は小野田さんが当番だった。
24時間使えるシャワーと水洗トイレが管理棟裏にあり。
買い出し、食事は近場にないので自転車がないと何もできない。

北(大井川港方面)からアプローチする場合
御前崎港西防波堤の真北約2NM、陸から1.2NM、相良港の南東1.2NMには愛鷹岩という暗礁があるのでGPSに暗礁として設定しておく。大雑把には大井川港防波堤灯台と御前崎港西防波堤の西端の白灯台を結ぶ線より陸寄りに入らなければ問題ない。

南海上からアプローチする場合
御前崎灯台から東に約1.5マイルには御前岩とその周辺の暗礁帯(大根バエなど)があり、この暗礁地帯を避けるために福田ー御前崎コースは御前崎灯台沖からこの御前岩灯標を大きく迂回するようにコースを設定済み。

東沖からアプローチする場合(2012.08.29アプローチ中の写真)
東海上から御前崎を見る。風車や鉄塔が目立つが港がどこか、入口がどこかさっぱりわからない。
b0114415_0571626.jpg


しょうがないのでGPSで東防波堤灯台を目標に設定してアプローチした。テトラポットが並びグリーンのクレーンなどがあるところを目指しているが果たしてこれで良いのか?…
b0114415_145199.jpg


テトラポットが並んだ護岸工事中のところが東防波堤だった。そしてその先端に小さい灯台発見。こんなに小さいのではわからなかったはずだ。また、遠くから鉄塔に見えたのは西埠頭のガントリークレーンだった。

東防波堤は他の陸上構造物と重なり一体的に見えるので目標に出来ないし、東防波堤灯台は灯台とは名ばかりの小さな灯標で目立たずこれも目標にならない。西埠頭のガントリークレーンは遠方から鉄塔のように見えて良く目立つのでこれを目標にするとよい。
b0114415_15119.jpg

[PR]
by mantenbosisan | 2012-08-29 20:00 | 航海情報駿河湾

御前崎港マリーナ電話番号と入港ルート案内

御前崎港。写真の海に向かって左端が新しく出来た御前崎マリーナ。 
b0114415_21104255.jpg


Yacht SALAKUブログ⇒Yacht SALAKU Weblog|第50回パールレース 5ー2009年8月11日の記事ー
⇒御前崎港マリーナ管理人携帯電話 090-4406-5832(このマリーナにはHPも固定電話も設置しておらず連絡方法は管理人の携帯電話だけとのことで、その裏事情も書かれていた。)
管理人は親切らしい。(下記keio-cruising-club情報によると管理人名小野田さん)
ビジター料金一泊2000円。
管理事務所(プレハブ)裏に簡易なシャワーとトイレ。
航路にそって標識があるが航路内にも浅い箇所があってキールがあたったという話も聞いたことがあるので、水深計を見ながら慎重に行ったほうが良いと書かれていた。

KEIO CRUISING CLUB Archive 2009年8月21日の記事
⇒「マリーナに入る水路は赤、緑のブイで水路を示しているが非常に浅く水深2m(キールから)を切るところもあった。水深計とにらめっこしながら15:00入港」と書かれていた。

キールから下の水深が2mということなら別に問題ないじゃないかと思ったのだが、何か気になるので当日の潮汐をチェックしたら大潮だった。(2009年8月21日の潮汐 干潮12:00 15cm、満潮18:29 180cm。)入港が15時だったようなのでその時刻の潮は約100cmだ。その時点でキールから下の水深が2m弱なら干潮時でも1m前後あったはず。

水路が浅く危険という情報で敬遠していたのだが2012年8月29日行って自分で確かめてきた。その時のレポートは下記
御前崎港マリーナに行ってきた 1:アプローチ上の注意点 : 満天☆の海-2
御前崎港マリーナに行ってきた 2:入港方法と水路写真 : 満天☆の海-2

御前崎港マリーナに行ってきた 3:マリーナ写真と地元で聞いた重要な情報 : 満天☆の海-2
[PR]
by mantenbosisan | 2010-01-26 22:58 | 航海情報駿河湾

清水港

b0114415_22294324.jpg
b0114415_21332170.jpg



安良里から清水への針路は320°
三保防波堤白灯台と清水港外防波堤赤灯台の間を抜けて港内に入る。
その後無理に航路の右側(北側)に向かわず航路の左側(真崎側)を航行して港奥に向かえば良い。
防波堤の中に入っても船だまりに入るまではスローに落として航行する必要はない。
メインは真埼を通過してから下ろせば良いとのことだが、真崎から奥の海面はウインドサーフィンが走っているので、メインもジブも防波堤に入る前に下ろしておいた方が無難だ。特に強風の時は防波堤の外に出れない初心者ウインドがいっぱい走っているのでおっかない。
フェンダーは清水舟だまり中に入ってから状況を判断してつければ良い。それだけの海面はある。

トイレ:近くにいくつかある。
お風呂:これがここの弱点で興津の駿河健康ランドか清水駅の手前の清水テルサ迄行かないとない。清水テルサには行ったことがない。もしかしたらシャワーだけかもしれない。料金は600円とのことだ。こっちの方が近くて安い。
駿河健康ランドに行くにはドリプラの無料送迎バスで清水駅へ行き、駿河健康ランド無料送迎バスに乗り替える。ドリプラから清水駅までは5分ほどだが、タイミングが悪ければ清水駅で30分ほど乗り継ぎの時間待ちがある。駿河健康ランド迄は興津駅経由で30分くらいだ。結構時間がかかるが、それに入場料も2000円と高いが(その場で無料の会員登録をすれば1500円になる)、ここはホテルと日帰り温泉が一緒になったかなり大きな施設でパソコンルームや無料の休憩室や仮眠室まであって24時間営業しているので使い方次第では便利かもしれない。海際に立つ白亜の高層ビルなので天気のよい日には対岸の土肥からも見える。

以下の写真は2009年6月18日入港時のもの
清水灯台は遠くからではヨットの白い帆のように見える。
b0114415_224137.jpg

b0114415_22422100.jpg

b0114415_2244283.jpg

b0114415_2251336.jpg


清水舟だまりの公共岸壁につける場合は進路の前方左側に見える白くて高いので良く目立つ鉄塔を左正横に見たら右に舵を切って、観覧車を正面に見て航路を直角に横断して清水舟だまりに入る。
b0114415_2295384.jpg


清水船だまり
b0114415_22102785.jpg


マリーナ
2回ほどコネでお世話になった。
b0114415_22105146.jpg


土肥からの遠望
b0114415_10572680.jpg

[PR]
by mantenbosisan | 2009-06-18 20:00 | 航海情報駿河湾