人気ブログランキング |

満天☆の海-2

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サムラーロープ12㎜と10㎜各100m購入

ボックス入りで届いた。
緊急用バルカンデルタストックアンカー(フィッシャーマンタイプ)6㎏用12㎜ 100m
台風などの非常用係留ロープ 10㎜ 100m

一度箱から出してテンションをかけて引き延ばしてよじれをほどく必要があるかチェックの為製造元の東京製網の担当者前田さんに電話(サワセンから連絡先を聞いてた)したところ、コイルをほどいてから箱に入れてあるのでそのまま使っても大丈夫だとの返事だったのだが、自宅でテストしてみたらキンクしていくのでテンションをかけて延ばす作業を何度か繰り返した。

サワセンのサムラーロープ(東京製綱製)ポリエステル(長繊維特殊加工糸S打)
特    長
1.長繊維原糸に特殊加工を施し滑りにくい。
2.沈下性、水につけても全く硬くならない。
3.柔らかく、収納性が抜群。
4.もつれにくい。
5.スパン系の原糸と比べ高強力である。

12 m/m(引張強さ 27.4 kN) 100 m 重量8.90kg \ ¥16,000(送料込)
10 m/m(引張強さ 19.2 kN) 100 m 重量6.35kg \ ¥12,000(送料込)

12㎜の用途は荒天時の避泊用じゃなくて、航行中のトラブルで流されないように緊急にアンカーを投入する場合に使用する。バルカンデルタストックアンカー6㎏用だ。
引張強さ27.4 kNは=2.8tfだからナイロンロープ12㎜とほぼ同じ強度だ。

10㎜の方はクルージング中に台風避難をする時の補助ロープだ。補助用なのであまり出番はないかもしれない。
引張強さ19.2 kNは=約2.0tfだからナイロンロープ10㎜とほぼ同じ強度だ。
澤村船具 代表のおかみさんから聞いた。
サムラーロープのことは東京製網の前田さんに聞いてくれ。
東京製網製
会社 ℡ 06 6252 5831
担当 前田さん (090 5069 3646)
by mantenbosisan | 2011-07-27 16:21 | 係留・離着岸・アンカリング | Comments(0)

牛窓

b0114415_21495291.jpg

by mantenbosisan | 2011-07-26 21:50 | 航海情報 瀬戸内海&紀伊水道 | Comments(0)

太地漁港

入港針路
鰹島を右に見てかわしてから太地漁港の灯台を227度に見て進入する。高倉山の南東側の暗礁を右正横に見たら正面右手の浅瀬を避けるために少し進路を左にかわして回り込んで入港するように港湾案内に書いてある。水深を見る限り左にかわさずまっすぐ進んでもまず大丈夫と思うが暗礁との距離が100-150mしかない…何もこんなところで無理をする必要もない。
b0114415_14523528.jpg
b0114415_74443100.jpg

b0114415_15485289.jpg

b0114415_16174220.jpg

漁協事務所の皆さんが大変親切だった。漁協参事の杉森さんから港に入ってすぐ左の泊地に入れるように言われた。
太地町漁業協同組合電話番号0735-59-2340
太地町に一台しかないタクシーの運転手さんが太地港全体を見渡せる山の上に連れて行ってくれた。まもなく廃業すると言ってたがそうなるとタクシーは勝浦から呼ぶことになるのだろうか?

新オリオン号回航記は面白い。あ、イヤ為になる。
http://www.page.sannet.ne.jp/hide/NEWORION-KAIKO5.html

More
by mantenbosisan | 2011-07-25 15:18 | 航海情報 遠州灘~紀伊半島 | Comments(0)

MICS気象現況大王埼、御座埼の情報がおかしいー海保回答

2011年7月25日 4管広報からの回答

鳥羽海上保安部のMICSの不具合に関するご指摘ありがとうございます。

大王埼灯台、御座埼灯台の気象現況につきましては、7月22日午後8時以降、機器故障のため情報提供が出来ない状態となっております。
現在復旧作業を行っており、修理完了次第、情報提供を再会する予定としております。

なお、鳥羽海上保安部のMICSページにおいて、不具合について緊急ニュースとして次のとおり掲示しております。

「現在、機器故障のため次の情報提供ができなくなっています。
・鳥羽海上保安部 MICSインターネット・ホームページによる気象・海象情報
・鳥羽海上保安部 気象情報テレホンサービス (TEL:0599-25-0177)
・大王埼灯台の船舶気象通報 (周波数:1670.5kHz)
・大王埼ディファレンシャルGPS局 タイプ16メッセージによる気象情報 (周波数:288kHz) 」

鳥羽海上保安部MICSページ
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/toba/
by mantenbosisan | 2011-07-25 13:16 | 気象・海象 | Comments(0)

勝浦港(紀伊勝浦)係留岸壁

注:下記記事は1911年の記載だが、1913年と1914年にKAKESU-3で勝浦港に寄港した時には大勝浦まで入らず、渡の島埠頭とホテル浦島の間の水路のホテルの対岸に係留した。大勝浦岸壁は仮に空いてても漁船の動向に気を使わなければならなく、その点、渡の島埠頭は何も気にする必要もなく気が楽だ。

以下は1911年記載の大勝浦岸壁の係留場所

1)渡の島埠頭から大勝浦の係留岸壁方向を見る。グレーの建物が目印。
b0114415_10294487.jpg

建物の中間地点よりも南側(写真では左側)に係留した方が良い。軽トラがいるあたりから南(ヨットが2隻係留している)は岸壁が高く錆サビだが鉄ビットとその中間にはリングもある。
ここに係留して台風6号をやり過ごしたヨットに聞いたところ、波、うねりが入りヨットが壊れるか思ったが、命が惜しいので自分は上陸して避難したと言っていた。また、あるヨットは艇を岸壁から離すためにケッジアンカー(ビームアンカー)を入れてたが、漁船のアンカーロープに絡んでアンカーが揚がらず大変だったらしい。

建物の中間点より北半分(写真では右側)はビットはなく鉄の係留リングだけ。こちらは低くなってるので大潮満潮時には水没してフェンダーが浮いてしまう可能性が高い。
係留中のヨットは清水から来たパイオニア9瑞風。台風6号通過時、岸壁を越えて水嵩が上がりフェンダーが浮き上がってまったく効かず大変な思いをしたと言っていた。

建物が終わったところから先の岸壁(漁船が係留している)は高くなっているのでこちらに泊めたくなるが残念ながら近くに係船設備がないのでヨットの係留は無理。

2)渡の島埠頭から歩いてきて大勝浦の奥を見る。奥の漁船が係留されている岸壁は一段高くなっているが係留設備がない。
b0114415_10445721.jpg


3)大勝浦の奥から係留岸壁を見る。右にグレーの建物が見える。建物の北端あたりから北(写真手前)に向かって岸壁が高くなっており漁船が係留されている。その南側の岸壁が一部低くなっているのが写真でもわかる。
b0114415_12154575.jpg


4)建物の中央から北側の一段低くなっている岸壁。ここには係留リングはあるがビットはない。(係留リングがあると言うよりもなにか撤去し忘れて残っているという感じだ)
b0114415_12172259.jpg


5)建物の中央より南側は高くなりビットとリングもある。
b0114415_12185498.jpg


b0114415_1051051.jpg
b0114415_1091788.jpg

b0114415_0282974.jpg

by mantenbosisan | 2011-07-25 10:56 | 航海情報 遠州灘~紀伊半島 | Comments(0)

紀伊勝浦港

クリック

中島の上から見た勝浦湾湾口。この山の上に足湯があって浸かってたら藪蚊の襲撃にあった。左から連続していくつか小島が続いている。右から乙島(灯台がある)、その左が鶴島(この一連の島の中では一番大きい)
b0114415_0434774.jpg
正面漁船の後ろが鶴島でその右の乙島との間に鰹島が小さく入っている。
b0114415_0314672.jpg

勝浦港で台風(6号)避難後、乙島灯台の前を出港していくヨット。波は外洋と変わらず高く大揺れで、出るのを躊躇している様子だったがセールを上げないまま出て行った。ー乙島・鶴島の間から撮る
b0114415_032588.jpg

鰹島の脇を出港するヨット。鰹島は勝浦湾のランドマークだ。勝浦に入港する時はこの鰹島を左手に見て、出港する時は右手に見る。尚、太地港に入る時は沖から鰹島を右手に見て入ることになる。
b0114415_7424877.jpg


More
by mantenbosisan | 2011-07-25 00:33 | 航海情報 遠州灘~紀伊半島 | Comments(0)

要注意!!緊急通報システムのBANコールがサービス停止中

「BANコール」という名称の「GPS搭載携帯電話からのワンタッチ緊急連絡サービス」が機能停止中で使えません。BAN本部に問い合わせましたが回復時期未定だそうです。
したがってなどの緊急事態発生時にはBANへの救助要請を電話で行ってください。
by mantenbosisan | 2011-07-24 08:07 | 航法 / 航海情報全般 | Comments(0)

MICS気象現況大王埼、御座埼の情報がおかしい

現在2011年7月24日0727時です。
大王、御座埼だけはどこの海保の情報を見ても22日1955時の情報しか表示してないようなのでご注意。

海保のMICS気象現況を開くと現在時の時刻が表示されてますが、大王をクリックして詳細を見るとその情報が現在時のものではなく22日1755時のもので詳細情報もそれまでの12時間のものになってます。御座埼も同じ。
0555時のその他の灯台の気象現況は以下です。
潮岬北西2m、波高0.6m以下穏やか、大王 不明、伊良湖岬風弱く、舞阪風弱く、御前崎西南西風弱く、神子元東北東3m、伊豆大島東北東風弱くーです。

風弱いですが機走でのんびり下田まで行けるでしょう。ご安航を!

注:上記につき4管にメールして注意喚起しておきました。海保の情報だからと言って当てにならないということですね。
by mantenbosisan | 2011-07-24 07:26 | 航海情報 遠州灘~紀伊半島 | Comments(0)

海象海象情報 瀬戸内海

尾道海保MICShttp://www6.kaiho.mlit.go.jp/onomichi/index.htm
尾道水道の潮流情報
尾道、福山の潮汐情報
瀬戸内海の潮汐
瀬戸内海の潮流

瀬戸内海主な水道・瀬戸の潮流推算 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN6/2_kaisyo/tidal-current/tidalc_forecast.html
by mantenbosisan | 2011-07-13 17:43 | 気象・海象 | Comments(0)

バルカンデルタストックアンカー購入(緊急時用)

ハリヤードが飛ばされて絡みついてメインセールが揚がりもせず下がりもしない。ジブシート同士がぐるぐる巻きに絡みついて、さらにエンジンもかからない…
さて、とうする。
リーショアーに流されるのが特にこわい。
外海の海底は岩場が多いのじゃないかと思うのだが、トラブルは外海だけとは限らない。湾内でも起こりうる。そんな緊急時にいちいち底質をチェックする余裕はないので、どんな底質にも使える万能型アンカーが欲しい。

万能型アンカーといえばフィッシャーマンズタイプアンカー、プラウ(CQR)、そしてプラウの改良型のデルタアンカー、フォールディングアンカー、四つ爪アンカーがあるようだが、フォールディングアンカーは25ft以下の小型船用のようだし、それに25ftでも10㎏の重量が必要らしい。四つ爪アンカーは岩場にはまさにぴったりだが投入前にいちいち爪を曲げなければならないので緊急用には適さないだろう。
フィッシャーマンタイプとプラウアンカーについてはThe Annapolis Book of Seamanshipによると、
艇長30ftに適合するフィッシャーマンズタイプのアンカーは重量が14㎏で、プラウアンカーは重量5.4㎏と書いてあった。フィッシャーマンタイプは重すぎるし、プラウはバウローラーを新設して収納しなければならないのですんなりとはいかない。

諦めかけていたが、錨屋と中村技研が比較的軽いフィッシャーマンタイプをつくっていることが分かった。
錨屋のAMA FS(フィッシャーマンズ)コンパクトアンカー10kg【熱間鍛造】は32ftまでに適合し、ストックの脱着もいたって簡単だ。錨屋にしようかと思ったが中村技研のバルカンデルタストックアンカーは更に軽く28ftなら重量6㎏で良いらしい。

結局軽さを選択して中村技研のバルカンデルタストックアンカー6㎏をオンズマリネットを通じて購入。
2011年7月11日 送料込20,790円

参考
いろいろなアンカーの特徴http://www1.ttcn.ne.jp/~vulcan-anchor/ManyAnchor-Frame.html
錨屋http://item.rakuten.co.jp/anchor/c/0000000734/
by mantenbosisan | 2011-07-11 00:01 | 海難 / 緊急時対応 | Comments(0)