人気ブログランキング |

満天☆の海-2

<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

五島列島の潮汐と潮流

潮汐情報

水路協会のMIRC情報は五島列島の掲載港湾数が多い→ http://www.mirc.jha.jp/online/w/w-tide/

潮汐推算点選択(全国)→ http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/tide_pred/index.htm

潮汐表に五島列島各地の改正数あるがそれほど多くない。

潮流情報

潮汐表にも、海保の潮流推算にも水路協会のMIRCマリン情報にもない。どこも五島列島の潮流情報を公開してない。なぜだ~
五島列島・平戸島間の潮流は七管の「海の情報交差点」の「狭水道潮流推算

1990年発行の九州地方沿岸水路誌では五島列島各水域の転流時刻、最強時刻の求め方を説明している。
不思議なことに、2005年の同誌ではそのような説明文は削除されている。

by mantenbosisan | 2016-04-13 10:42 | 航海情報 九州 | Comments(0)

平戸瀬戸航法ガイド

佐世保海保HP
by mantenbosisan | 2016-04-12 20:30 | 航海情報 九州 | Comments(0)

平戸島南方、中通島東方の潮流推算

佐世保海保に五島列島の潮流データを問い合わせたら七管の「海の情報交差点」を教えてくれた。その中の「狭水道潮流推算」は、海上保安庁刊行の潮汐表に記載してない各地点での潮流(転流時刻、最強時刻・流速)を推算していますと記されており、平戸島南方海域と中通島東方海域の潮流をカバーしているが、肝心の五島列島そのもののデータは不明のままだ。


by mantenbosisan | 2016-04-12 20:27 | 航海情報 九州 | Comments(0)

平戸瀬戸と辰ノ瀬戸(平戸島と生月島の間)の潮流と潮汐


潮流

平戸瀬戸の潮流
(潮流表と同じデータ掲載) → 佐世保海保
平戸瀬戸の潮流位置が記載されてないので問い合わせたら潮汐表と同じ由。すなわち広瀬灯台から198°約310m。
潮汐表の改正数を使って自分で計算すれば上記位置の他に平戸大橋まで5カ所の潮流を知ることが出来る。

平戸瀬戸を基準にした転流時の改正数(左に上げ潮=北流、右に下げ潮=南流を記載)

広瀬~獅子駒埼間の中央部    -20分  -15分
黒子島東側の瀬戸最峡部中央   -05分   00分
黒子島西側の瀬戸最峡部中央   +25分  +30分  注:西と東ではこんなに違う
小田助瀬灯標の北北西方約450m +10分  +15分
南竜埼東側の瀬戸最峡部中央   -10分  +25分

南流は基準地点(広瀬灯台から198°約310m)から南に流れて行く時間の経過で理解できるが、北流は南竜崎は理解できるが、小田助瀬灯標から北は時間の経過通りになってない。なぜだろう。

辰ノ瀬戸最峡部(生月大橋付近)
潮汐表の改正数によると転流時刻=平戸瀬戸+5分、最強時刻=平戸瀬戸+10分
クルージング歴の長い海光丸のブログには辰ノ瀬戸の転流時は平戸瀬戸の最強時だと書いてあった。惑わされないようにここに正しい時刻を記載した。

潮汐

佐世保海保HPには残念ながら平戸の潮汐情報は無し。
平戸の潮汐はこちら→ MIRCマリン情報(場所を入力して検索)

平戸瀬戸の潮流データ抜粋



平戸瀬戸潮流情報
by mantenbosisan | 2016-04-12 20:00 | 航海情報 九州 | Comments(0)

瀬戸内海の潮流と潮汐推算

下記は第六管区海洋情報部の「せとうち情報局」http://www1.kaiho.mlit.go.jp//KAN6/index.html の中の海象情報欄からの情報

1)来島海峡等の潮流推算→http://www1.kaiho.mlit.go.jp//KAN6/2_kaisyo/tidal-current/tidalc_forecast.html は第六管区内8カ所(備讃瀬戸、尾道水道、長崎瀬戸、来島海峡、大畠瀬戸、釣島水道、周防灘東部、速吸瀬戸)の潮流推算値 (2016年1月~12月)をグラフと表で表してるので、転流、最強時刻がはっきりとわかる。潮流位置の記載がないので六管に問い合わせたら潮汐表に基づいて作成した情報なので潮流位置も同じとのこと。

2)瀬戸内海潮流推算 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/cgi-bin/curr_pred.cgi?area=03&year=2016&month=04&day=12&hour=19&br=microsoft internet explorerwin32&btn=%81@%90%84%81@%8EZ%81@  は瀬戸内海全域の潮流の1時間ごとの矢印表示なので、狭水道の転流時を求めるには向かない。上記1)の方が良い。

3)潮汐推算http://www1.kaiho.mlit.go.jp//KAN6/2_kaisyo/tide2/yohou.html は6管区内20カ所だけの潮汐推算

4)潮汐推算点選択(全国)の方が詳細→ http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/tide_pred/index.htm


by mantenbosisan | 2016-04-12 09:15 | 航海情報 瀬戸内海&紀伊水道 | Comments(0)

宮窪瀬戸の潮流がこれほどとは!

今年のルートには村上水軍の拠点になった能島がある宮窪瀬戸を加えてるのだが、潮流は想像以上に強い→
http://www.noshima.jp/choryu
http://www.oideya.gr.jp/spot/area_shimanami/experience/tyoryu_miyakubo.htm

しっかりした航海計画が必要だ。
by mantenbosisan | 2016-04-12 08:56 | 航海情報 瀬戸内海&紀伊水道 | Comments(0)

tenki.jpの海の天気予報

日本気象協会

東海地方

波:2m焼津波:2m熱海波:1m沼津波:2m御前崎波:2m下田
波:2m静波海岸波:2m相良サンビーチ波:2m松崎波:2m三保波:0.5m名古屋
波:1.5mただし内海では0.5m伊良湖波:0.5m美浜(愛知県)波:0.5m内海波:1.5mただし内海では0.5m豊橋波:1.5mただし内海では0.5m赤羽根
波:1.5mただし内海では0.5m蒲郡波:0.5m新舞子波:1.5m尾鷲波:0.5m四日市港波:1.5m国府の浜
波:1.5m南張波:0.5m津松阪港波:1.5m鳥羽波:1.5m紀伊長島波:1.5m御座白浜

近畿地方

波:0.5m舞鶴港波:0.5m八丁浜波:0.5m浜詰波:0.5m琴引浜波:0.5m天橋立
波:0.5m大阪港波:0.5m泉佐野波:0.5m波:0.5m二色浜波:0.5m淡輪
波:0.5m神戸港波:0.5m林崎波:0.5m須磨波:0.5m舞子波:0.5m長田港
波:0.5m芦屋浜波:0.5m鳴尾浜波:0.5m阿万海岸波:0.5m竹野浜波:0.5m香住浜
波:0.5m津居山波:1m和歌山波:1.5m串本波:1m磯ノ浦波:1m浜の宮
波:1.5m南紀白浜波:1.5m那智勝浦波:1m和歌浦

中国地方

波:0.5m境港波:0.5m鳥取港波:0.5m白兎海岸波:0.5m青谷海岸波:0.5m浦富海岸
波:1m浜田港波:1.5m隠岐の島波:1m国府海岸波:1m北浦波:0.5m玉野
波:0.5m岡山港波:0.5m牛窓波:0.5m倉敷波:0.5m白石島波:0.5m広島港
波:0.5m波:0.5m竹原波:0.5m宮島波:0.5m福山港波:0.5m須波
波:0.5m桂浜波:1mただし瀬戸内側では0.5m下関港波:0.5m岩国波:1m波:1mただし瀬戸内側では0.5m角島
波:1mただし瀬戸内側では0.5m土井ヶ浜波:1mただし瀬戸内側では0.5m宇部波:1m青海島波:1m須佐

四国地方

波:1m小松島波:1.5m阿南波:1.5m田井の浜波:1.5m内妻波:1.5m宍喰
波:1m鳴門波:0.5m高松波:0.5mさぬき波:0.5m小豆島波:0.5m坂出
波:0.5m有明浜波:0.5m松山波:0.5m新居浜波:1m宇和島波:0.5m今治
波:0.5m双海(愛媛県)波:0.5m大三島波:1m池ノ浦海水浴場波:1m鹿島(愛媛)波:1.5m高知
波:1.5m室戸岬波:1.5mヤ・シィパーク波:1.5m生見波:1.5m四万十(双海)波:1.5m須崎
波:1.5m宿毛波:1.5m足摺岬

九州地方

波:1m博多港波:1mただし瀬戸内側では0.5m門司港波:1m百道浜波:1m能古島波:1m志賀島
波:1mただし瀬戸内側では0.5m行橋波:1m唐津波:0.5m太良波:0.5m鹿島波:1m長崎港
波:1m佐世保波:1m対馬波:1m五島波:1m壱岐波:1m平戸
波:1m対馬比田勝波:0.5m熊本波:0.5m八代波:1mただし芦北地方では0.5m水俣波:1mただし芦北地方では0.5m天草
波:0.5m大分波:1m佐伯波:0.5m別府波:0.5m国東波:0.5m中津
波:1m宮崎波:1m日向・細島波:1m都井岬波:1m鹿児島波:1.5m種子島
波:1.5m奄美大島波:1m志布志波:1.5m屋久島波:1m枕崎

by mantenbosisan | 2016-04-09 21:40 | 気象・海象 | Comments(0)